MCU 映画マーベル作品の最新時系列・ネタバレを徹底解説!

マーベルガイド

【キャプテン・マーベル】登場キャスト&メンバーを徹底解説

投稿日:

公開直後から全世界で話題になっている「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」。そのエンディングシーンで見たことのないロゴマークが登場し、どのヒーローだろうと首をかしげたかたもいるのではないでしょうか。実はこのヒーローこそが、2019年に単独映画が決まっている「キャプテン・マーベル」です。

ここではインフィニティ・ウォーの続編「アベンジャーズ4」でも重要な役割を果たすと見られるキャプテン・マーベルについて、最新情報をまとめていきます。単独映画は「アベンジャーズ4」の直前に公開され、描かれるのはアベンジャーズ結成よりはるか前になるようです。

映画「キャプテン・マーベル」2019年3月8日全米公開!

「キャプテン・マーベル」はMCU世界で初めて超人的な能力を持った女性ヒーローです。MCU作品としては21作目にあたりますが、その舞台はなんと1990年代にまで遡ります。MCUでは元S.H.I.E.L.D.の長官にしてアベンジャーズ創設者ともいえるニック・フューリーがその片目を失う前、若かりし頃として登場します。

原作や最新情報からあらすじを予想します。「キャプテン・マーベル」の主人公は、アメリカ空軍のパイロットであるキャロル・ダンヴァース。彼女はクリーとスクラルとの異種族間宇宙戦争に巻き込まれたとき、事故によりエイリアンのDNAと融合してしまいます。この出来事によってキャロルは、スーパーパワーやエネルギーをコントロールする能力、飛行能力を手に入れ、キャプテン・マーベルとなるのです。

一方地球では、擬態能力を持つスクラルが侵入を開始していました。キャプテン・マーベルはスクラルによる地球侵略を防ぐことができるのか、その戦いがメインになってきそうです。ニックと知り合いながらもその後のMCUでの戦いに一切現れなかった理由も、明かされていくのではないでしょうか。

キャプテン・マーベルってどんなヒーロー?

Ms. Marvel[1977-1979] #1 (1977)

「キャプテン・マーベル」はマーベルの中でもかなり古株のメンバーです(初登場 は「マーベル・スーパーヒーローズ」#13(1967年))。名前の由来は初代キャプテン・マーベルであったマー・ヴェル大尉から来ています。実は初代は宇宙種族クリーの戦士で、元々は人類の敵として地球を訪れていました。マー・ヴェルは地球で暮らすうちに、人類への敬意をもつようになったとされています。

原作ではNASAの職員であったキャロルと地球で出会い、異性の武器で攻撃された時にマー・ヴェルとキャロルのDNAが融合したことで、キャロルにその力が受け継がれることになったのです。キャロルはもともとミズ・マーベルと名乗っていましたが、初代キャプテン・マーベルが戦死したことをきっかけに名前も継承することになります。ちなみにミズ・マーベルも継承されている名前で、キャロルの次はパキスタンの女子高生カマラ・カーンが名乗ることになります。

キャプテン・マーベルの能力は、ずば抜けた体力と耐久力、超スピード飛行、さらにエネルギーを吸収したり操る力を持っており、光子ビームを発することができます。さらに未来を予知する第七感にも優れています。サノスとさえ渡り合える力を持っているとされるのが、このキャプテン・マーベルなのです。ちなみに初代キャプテン・マーベルは原作でサノスと戦っていた実績もあります。

「キャプテン・マーベル」登場キャストを解説

キャプテン・マーベルはこれまでのMCU作品より遡った時間軸を描く作品のため、現在のアベンジャーズヒーローたちは登場しません。ただ、アベンジャーズ創設の立役者ニック・フューリーが出てくるのが、MCU作品として一つのポイントになってきそうです。また後の時代ではすでに死んでしまったあのキャラクターたちも再登場します。登場キャスト陣を徹底解説します。

キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース

キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァーズを演じるのは、ブリー・ラーソン。

キャロルはアメリカ空軍パイロットでしたが、クリーとスクラルの異種族間戦争に巻き込まれたときの攻撃で、クリー人のDNAと融合してしまい、スーパーパワーを得ます。擬態能力を使って地球侵略を企んでいるスクラルから地球を守るべく戦うようです。原作では地球のみならず、宇宙まで幅広く活躍しており、アベンジャーズのほか、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーにも所属していたヒーローです。

■能力:驚異の身体能力に基づく超人的なスーパーパワー、ビームを放つなどエネルギーをコントロールする能力、飛行能力、未来を予知する力

マー・ベル/ドクター・ウォールター・ラーソン

マー・ベルを演じるのは、ジュード・ロウ。原作ではクリー人の戦士で、科学者に扮して地球の調査にきたところ、人類を尊敬し守るようになったという過去をもちます。さらに初代キャプテン・マーベルで、原作ではマー・ベルのDNAがキャロルと混ざることで、キャロルにヒーローとしての能力を継承してしまいます。映画ではキャロルの師匠のような立場になるようです。

 

過去にMCUに登場したメンバーが登場

ニック・フューリー


もともとS.H.I.E.L.D.の長官として、アベンジャーズを招集したフューリーはMCU作品にはなくてはならない存在。S.H.I.E.L.D.壊滅後もアベンジャーズの後ろ盾的存在として、彼らの行動を支えています。今作では「アイアンマン」よりも前の時代、フューリーが左目を失うより前の出来事が描かれます。フューリーが「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」でキャプテン・マーベルを呼ぶことになった、彼女との関係も判明するでしょう。片目を失った理由もわかるのでしょうか。今回もサミュエル・L・ジャクソンが演じます。

フィル・コールソン


懐かしのコールソンも再登場。同じくコールソンを演じるは、クラーク・グレッグ。彼はS.H.I.E.L.D.の一員で、「アベンジャーズ」の飛空挺での戦いでロキによって刺殺されてしまった人物です。今作ではアベンジャーズより昔が描かれることもあり、フューリーの同僚的立場として現れるのではないでしょうか。

ロナン・ジ・アキューザー


演じるのは、リー・ペイス 、ロナンも再登場ヴィランのひとりです。クリー人で、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメインヴィランとしても登場しました。その時はクリーとザンダーの平和協定が納得できず、ザンダーを滅ぼそうと画策していましたが、オーブの力によって消滅させられました。本作では、より昔の時間軸が描かれるので、クリーVSスクラルの宇宙戦争あたりに登場してきそうです。

コラス・ザ・パーサー

コラスを演じるのは、ジェイモン・フンスー。クリー人のコラスもロナンの部下として、すでに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場しています。

他キャスト

◆ジョセフ・ダンヴァース

キャロルの父

◆マリー・ダンヴァース

キャロルの母

◆スティーブ・ダンヴァース

キャロルの兄。原作ではベトナム戦争で亡くなった人物とされています。

 

本作ヴィランは2人。「スクラル」を徹底解説

 

次のページへ >

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アントマン&ワスプ』公開を記念して、『マイティソー/バトルロイヤル』ほか、マーベル映画を配信しています。Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『マイティソー/バトルロイヤル』、『ブラック・パンサー』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-キャプテン・マーベル

Copyright© マーベルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.