【パニッシャー】あらすじネタバレご紹介!復讐劇から生まれたクライムファイター!

パニッシャーは、マーベルコミック屈指のアンチ・ヒーローです。スーパーパワーを持たず、ひたすら復讐のためだけに悪党を殺し続ける、容赦のない戦いを繰り広げる姿は、アメコミ界でも最強/最狂/最凶!と言われ、かつ高い人気も誇ります。

すでに映画は3回のリメイク、ドラマも公開されています。今回ご紹介するのは、映画の中でも2作目に公開された2004年の「パニッシャー」。なぜ彼がパニッシャーとなったのか?が、わかりやすく描かれ、かつその戦いの残酷な描写は映画公開終了後のオンデマンド公開で人気に火がつきました。ちなみに、映画作品はどれもリメイクなので、1作目とも3作目とも関連はありません。

<本記事でわかること>

  • あらすじ
  • 主要キャラ
  • 知っておくと見るのが楽しい小ネタ

パニッシャーは、マーベル内の多くのヒーローとも繋がっています。本作を見て、彼の素性やキャラを知っておくのに損はなさそうです。

あらすじ

潜入捜査成功に喜ぶフランクと復讐に燃えるセイント

フロリダ州タンパの港で、銃火器の裏取引が行われようとしていました。そこにFBIが現れます。その裏取引は、実はFBIの囮捜査によるもので、ロシアの密輸業者の一網打尽に成功します。その囮捜査官として活躍したのはフランクです。しかし、このFBIの襲撃でボビー・セイントという男が命を落とします。ボビーは闇の資産家ハワード・セイントの愛息でした。

セイントと妻のリヴィアは悲しみにくれ、この一件に関わった「オットー・クリーグ」という名の男を調べ、その正体がフランクであることを突き止め、フランクとその家族の殺害を計画するのです。

家族親族一気に皆殺し!フランクの復讐心に火がついた

フランクは、潜入捜査中に会えなかった家族の元に戻り、次の勤務先ロンドンに向かう前にプエルトリコで親族勢揃いの休暇を楽しんでいました。しかし、そこにセイントの差し向けた殺し屋たちが一斉襲撃します。

悲惨な大量虐殺が行われ、爆破で海に投げ出されたフランクだけは九死に一生を得ました。大切な家族を失った喪失感は大きく、フランクはFBIからも姿をくらまし、ひっそりとアパート住まいを始めます。

フランクは、家族を奪ったセイントへの復讐を計画していました。手始めに囮捜査にまんまと騙されたチンピラのミッキーを拉致し、仲間に引き入れセイントの周辺調査を始め、弱みを探り始めます。

ミッキーによれば、セイントは週5日ゴルフに出かけ、愛妻リヴィアは木曜日に外出する習慣があるとのこと。また、セイントの20年来の友人であり仕事仲間のクエンティンは、ゲイだということも判明。それらを利用した復讐をフランクは考えます。

アパートの仲間は、フランクの新しいファミリーに?復讐劇開始!

フランクは、セイントのビルに侵入し、洗浄中の資金をビルの窓からばらまくなどで、セイントの身辺を脅かしていました。また同時に、嫉妬心の強いセイントに、ゲイであるはずのクエンティンとリヴィアが逢い引きしていると思い込ませる罠を仕組みます。

一方、フランクの住むアパートの住人ジョアン、デイブ、バンポはフランクの素性を知り、力を貸したい仲間だと思うようになり、細々と交流を始めます。

セイントは、フランクが生きていることを知り激怒します。また、フランクの復讐で、大事な取引先との信頼を損ない、殺し屋2人をフランクのアパートに送り込みますが、ジョアンたちの助けで撃退に成功します。

3つの声明と復讐の終わり。フランクはパニッシャーとして生きていく

セイントを始末しに動き始めたフランクは、手始めにセイントがクエンティンとリヴィアの仲を疑い、殺害するよう仕向けます。そしてセイントの住処に向かい、手下を一掃します。

フランクは、最後に残ったセイントに、彼自身が罠にハマって大事な人たちに手をかけたことをバラした上で、車に縛り付け、駐車場の車を爆破させながら引き回し、燃やして殺しました。

フランクは3つの声明を残します。「平和を望むなら戦争に備えよ」「フランク・キャッスルは死んだ」「ある極端な状況下では法は無力であり、これは制裁である」。帰宅したフランクは自殺しようとしますが、妻の顔を思い出し思いとどまります。

アパートに残った仲間は、フランクが協力のお礼にと残した札束を、食器棚で見つけます。フランクは橋の上に立ち夕日を見つめながら「俺はパニッシャーだ」とつぶやき、映画は終了します。

主要キャスト

フランク・キャッスル/パニッシャー(トム・ジェーン)

FBIの囮捜査官。過去にはテロ対策部隊所属経験を持ち、6ヶ国語を話せます。本作の通り家族を殺されたことをきっかけに復讐の死刑執行人=パニッシャーを名乗るようになります。原作では活動拠点がNYですが、本作設定では囮捜査官のため、フロリダの後ロンドンへと越すことになっていました。

ハワード・セイント(ジョン・トラボルタ)

暗黒街に顔が利く資産家で、主にマフィアの資金洗浄がお仕事。家族に対する愛情は深く、その裏返しで家族を殺してしまうこともある嫉妬心と独占欲の塊のような男です。

クエンティン・グラス(ウィル・パットソン)

セイントの組織の会計士で、セイントとは20年以上の付き合い。しかし、同性愛者であることをセイントに隠していたせいで、フランクにつけ込まれてしまいます。

ミッキー・デュカ

大麻密売人のチンピラ。セイントの部下だったが、父親が部下だったと言うだけの縁のため、そんなに思い入れもなく、あっさりフランクの協力者へと寝返り大活躍します。

ジョアン

事件に巻き込まれた後に、フランクが移り住んだアパートの住人で、仕事はダイナーのウェイトレス。「7年間で7つの街に住んでも、いい男に出会えない」と自称ダメンズウォーカーでした。

デイブ

ジョアン同様にフランクの住むアパートの住人。顔中ピアスだらけのゲーマーで元ジャンキーです。アパートの仲間との絆を信じています。

バンポ

ジョアン、デイブ同様にフランクの住むアパートの住人。ぽっちゃり肥満体で、呑気な性格のキャラです。

リヴィア・セイント(ローラ・ハリング)

セイントの妻。息子を殺した原因の人物を家族もろとも殺害するようセイントに願い出た張本人です。クエンティンとウマが合うようで、しかしそのためにフランクの罠にはめられ、セイントに殺されます。

ジョン・セイント(ジェームズ・カルピネロ)

セイントの長男で、女遊び大好きな「クズ」。弟が父の寵愛を受けていたことを密かに嫉妬していました。

ボビー・セイント

セイントの次男。父の寵愛を受け、父にいいところを見せたい一心で、ミッキーの武器取引の仕事に乗っかりました。しかしそのために、FBIとの銃撃戦に巻き込まれ死んでしまいます。彼の死がフランクがパニッシャーとなるきっかけを作りました。

フランク・キャッスル・シニア(ロイ・シャイダー)

フランクの父。息子同様に銃火器を扱えるようです。

マリア・キャッスル(サマンサ・マシス)

フランクの妻。

ジミー・ウィークス(ラッセル・アンドリュース)

フランクのFBI時代の同僚。

カンデラリア(ヴェリル・ジョーンズ)

プエルトリコの呪術師。フランクが親族丸ごと襲われた際に、フランクを救出し看病しました。

ザ・ロシアン

ハワードがフランクに差し向けた刺客。巨漢で怪力キャラです。

ウィル・キャッスル

フランクの息子。フランクにプレゼントしたTシャツのガイコツプリントが、パニッシャーの象徴となっています。

パニッシャーに関する小ネタ集

原作での設定は神父志望の最強軍人

パニッシャーは、1974年のスパイダーマン作品で初登場したキャラクターです。最初はスパイダーマンに差し向けられたジャッカルの刺客でした。パニッシャーになった経緯は、今作のように家族をギャングに殺されたことがきっかけです。

海兵隊の特殊部隊にいた経験を持つため、銃火器などの兵器の知識や戦闘技術や戦術にも長けています。スーパーパワーは持たない常人でありながら、訓練によって習得した力だけで他のヒーローと渡り合うというのが特徴です。聖職者を志していたという過去もあります。

NYが拠点なので、同じクライムファイターのデアデビルと幼馴染という設定もあります。マイクロという相棒がおり、DCのバットマンにも似ていますが「容赦無く殺す」という点が唯一の違いです。

パニッシャーと言えばガイコツマーク!

今作でも度々登場していたのが、ガイコツマークです。息子ティムからプレゼントされたTシャツにプリントされていたり、セイントを殺した際の駐車場の爆破の様子がガイコツになったりしていました。

原作でのパニッシャーのコスチュームは、胸に大きくドクロマークが描かれたものになっています。

宿敵は顔がズタボロのジグソウ

パニッシャーは容赦ない方法で相手を殺害するので、その描写はコミックでも結構怖いし、今作も全体的に痛そうな描写が多いですね。そのため、敵たちも、かなりの痛手を追いながらパニッシャーと戦うキャラも出てきます。

一番の宿敵はジグソウです。ドラマではそのジグソウが登場しています。他にはデアデビルと共通の敵キングピンもいるんです。

まとめ

  • マーベル屈指のクライムファイター誕生ストーリー
  • その殺害方法は非道極まりない!見ていて「イタイ」描写満載
  • スパイダーマンやデアデビルとニアミスあり?今後のクロスオーバーも期待できそう

いかがでしたか?以降ではドラマ作品も続いた人気のキャラクターを、わかりやすく描いた今作。今後のクロスオーバー出演にも期待を込め、ぜひ今作を予習として楽しんでみてください。

-アベンジャーズ

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画がすべて見放題【Disney+】

【MCUシリーズが見放題】これまでは課金が必要でしたが、公式の動画配信サービスの登場したことで見放題でみることができます。一部みれない作品もあるので詳しくは公式ページをご覧ください。今なら31日間無料トライアル付き(dアカウントで入会した方限定)。支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るなら【U-NEXT】

最新作をいち早く見たい方はこちらがオススメ。11月20日から『スパイダーマン:ファーフロムホーム』を最速でお届けします。有料作品に使える600円分のポイントが登録直後から利用できます。ディズニープラスでみれない作品もすべて揃っています。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • アベンジャーズエンドゲーム
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • インフィニティウォー
  • キャプテンマーベル

シリーズをお得に観たいなら【TSUTAYA】

会員登録してすぐに使えるポイントが最も多くて、月額933円で、1000円分のポイントがもらえます。最新作のレンタルも業界最速で配信しています。【ファーフロムホーム】いち早く先行配信を開始しており、他ではみれない特典映像付き。UNEXTよりも早い11月6日から配信スタート(セル盤です)

Copyright© マーベルガイド , 2020 All Rights Reserved.