MCU アベンジャーズの観る順番・時系列を徹底解説!

マーベルガイド

https://marvel-guide.com

MCUとは「マーベル・シネマティク・ユニバース」の略称で、マーベル・コミックを原作としたキャラクターが登場する作品群です。

これまでは主に、アベンジャーズを起点とし、多くのヒーローたちが時に作品をまたぎ、インフィニティストーンで結ばれ交錯=クロスオーバーしています。作品数は2008年公開の「アイアンマン」に始まり、2019年7月ですでに23作品が展開。映画史を塗り替える世界的ヒットとなった「アベンジャーズ/エンドゲーム」は記憶に新しいと言えるでしょう。

MCUシリーズは大きく何段階かの”フェーズ”に分かれます。「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で終了したフェーズ3までの作品は総称で「インフィニティ・サーガ」と呼ばれており、これからフェーズ4が始まります。

ここでは、MCUの過去作品を紹介しつつ、新章が幕開けする今後のラインナップをご紹介していきます。

MCU作品リスト【順番と時系列は異なる】

MCU作品リスト【順番と時系列は異なる】

2019年7月現在、劇場公開済みの作品は全て、フェーズ1〜3に属し「インフィニティ・サーガ」と呼ばれています。アベンジャーズを起点とし、6つのインフィニティストーンというアイテムが多くの作品に登場したり伏線となるなどで、繋がっています。

当初は、公開順が時系列のように見えていましたが、フェーズ3に入ったあたりからその雲行きは怪しくなります。

例えば…

映画「キャプテン・マーベル 」は2019年公開作品。MCU作品としては21作目と、かなり最近のものなのですが、実際の舞台設定は1995年と、アベンジャーズが結成される前で、1作目の「アイアンマン」よりも前となっているのです。他にも…

  • シビルウォー8年問題
  • エンドゲームのタイムトラベル

などが、作品群を複雑化させている要因となり、サラーっと公開順に見れば、時間軸は全て埋まるのよね、というわけに行かなくなっているのです。ケビン・ファイギ社長はテレビドラマも含め「現在、過去、未来が全て織り込まれる」と語っており、網羅すればパズルのピースは埋まるようですが…。

現在振り返ってみると公開順というよりは、ひとまず冠作品は時系列がつながっているので、シリーズごとに作品を見ていく形が一番理解しやすいでしょう。その冠もたくさんありますが…と、どこから観ていいか困っている人には、まずは「アベンジャーズ」シリーズを全て観て、興味を持てたヒーローの冠作品に枝葉を広げていくのがいいかもしれません。

参考 アベンジャーズシリーズを視聴したい方は「アベンジャーズ(吹替・字幕)視聴できる動画配信サービスまとめ」をご覧ください。

今後公開予定の作品群

2020年から始まる、MCUシリーズのフェーズ4では、映画はもちろんのこと、ドラマ作品もMCUのタイムラインに入ります。

以下は、映画のみに絞ったフェーズ4の作品です。

ブラック・ウィドウ

フェーズ4第一弾は、アベンジャーズ初代メンバーであるナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウが主役となる作品です。2020年5月1日に日米同時公開されることが発表されました。

◆あらすじ

初代メンバーでありながら、謎の多い過去を持つナターシャに迫るストーリー。インフィニティストーンを巡るサノスとの戦いの中で、ナターシャは自らを犠牲にして、ソウルストーンをアベンジャーズにもたらしました。そのナターシャが、なぜその行動を取るに至ったのか?がわかる、彼女の過去を紐解く作品だと言われています。舞台設定は「シビルウォー」後で「インフィニティウォー」の前。アベンジャーズがバラバラになってしまった中で、ナターシャが一体何をしていたのか?これまで見えていない、空白の時が描かれます。

◆登場人物

主役のナターシャはもちろんのこと、彼女がスパイとなるに至ったロシアの養成機関レッドルームに関わる面々が見られると言われており、原作で元夫のアレクセイ=レッドガーディアンが登場します。ヴィランは、完コピ能力に長けているタスクマスターですが、その正体はナターシャに近しい存在の裏切りによるモノなのでは?とのこと。エンドゲームで命を落とした際に立ち会った、ホークアイの登場も期待されています。

【ブラック・ウィドウ】2020年5月公開決定!アベンジャーズの女性ヒーロー単独映画第二弾

エターナルズ

「エターナルズ」は宇宙種族の名前で、過去のMCU作品で登場したキャラの出自(サノス)などで重要な役割でした。その全貌が明らかになるのは2020年11月6日です。

◆あらすじ

エターナルズとは、神のような存在とされる宇宙種族セレスティアルズが、古い昔に地球上で類人猿を使って遺伝子実験をした結果生まれた種族で、普段は地球上でうまく人間界に紛れ込んでいます。ただし、その実験で同時に不安定な遺伝子を持って生まれてしまったディヴィアンツという種族がおり、その2種族が地球上で対立するというのが、エターナルズの大きな世界観。2006年発表作品の原作がベースとされていて、地球の守護者エターナルズが、新たな脅威に立ち向かうことになります。

◆登場人物

主人公はイカリスです。記憶を消されて人間として生活をしている所に、ある事件が起こって…。現在判明しているキャラクターは、エターナルズとして女神的存在のセナ、スピードスターのマッカリ、人間を愛するセルシ、科学者のファストス、他にはスプライト、キンゴ、ドルイグといった名前が挙がり、人間ではデーン・ウィットマンが登場です。エターナルズのキャラは、全世界の古代の神々のモチーフとの関連性も高く、全世界の神様祭り的作品となるのかもしれません。

【エターナルズ】2020年11月公開決定!主要キャスト・あらすじまで徹底紹介

シャン・チー

「シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テンリングス」は、MCU初のアジア人ヒーローを描く作品です。公開は2021年2月12日です。

◆あらすじ

マスター・オブ・カンフーの名を持つシャン・チーが、ついにMCUお目見えです。また、「アイアンマン」でトニー・スタークを人質にしたテロ組織テン・リングスも登場します。シャン・チーは原作でもアイアンマンとの親交は深く、武器の1つである「気」を高めるブレスレットや、ヌンチャクがもたらされています。そのため、アイアンマンの世界と地続きになると推測されています。原作で彼にとっての最初のヴィランは父フー・マン・チューですが、今作ではどんな対立関係になるのかは見えていません。

◆登場人物

原作では悪党の家系だというのに、正義に目覚めたシャン・チーが父フー・マン・チューを倒してヒーローになっていくところから、彼の物語は始まります。しかし今作では、いきなりテロ組織テン・リングスが登場するとあって、戦う相手はテン・リングスのマンダリンと目されます。その他、アジアンヒーローたちが集結すると言われており、アジア版ブラック・パンサーのようになるそうです。

【シャン・チー】2021年2月公開決定!主要キャスト・あらすじ徹底紹介

ドクター・ストレンジ/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス

「ドクター・ストレンジ2/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は、ドクター・ストレンジ作品第二弾。2021年5月7日公開です。

◆あらすじ

前作でエンシェント・ワンから、ソーサラー・スプリームの称号を受け継ぎ、その後アベンジャーズとともにサノスと戦ったスティーブン・ストレンジが、新たな戦いに臨むストーリーです。しかもホラーテイストになるとあって、かなりダークな世界観が期待されています。もともと魔術の世界というミステリアスな世界に、フェーズ3でのタイムトリップ=時空を行き来するという概念と、副題の一部にある「マルチバース」が加わり、新たな時空からやってくる敵と向かい合うことになると言われています。

◆登場人物

ドクター・ストレンジの兄弟子であったモルドは、前作の最後にカーマ・タージを離脱し姿を消しています。原作ではモルドは実はヴィランであり、敵対する存在のよう。また、かねてから登場が噂されている宿敵ナイトメアも登場すると言われています。また今作では強大な魔女の力と、マインド・ストーンによってその能力を得たスカーレット・ウィッチ=ワンダが参戦し、初めてドクター・ストレンジの世界でのコラボが実現となりそうです。

映画『ドクター・ストレンジ2/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』最新情報を徹底追跡

ソー ラブ・アンド・サンダー

「ソー/ラブ・アンド・サンダー」は、マイティ・ソー作品第4弾。単独ヒーローで4作あるのは実は初めてで、さすが人気キャラ!です。公開は2021年11月5日です。

◆あらすじ

前作「マイティ・ソー/バトルロイヤル」から、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「エンドゲーム」を経て、アスガルドの世界は随分と様変わりしています。ラグナロクが引き起こされ、アスガルドの民は地球の地に移り住みました。そして、ソーはサノスとの戦いを経てガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々と宇宙へと旅立ちました。代わりに「王」としてご指名されたヴァルキリーが、統治する新アスガルドで、新たな雷神「ソー」が登場するという展開のようです。注目は、本家本元のソーは、どう絡むのか?に注目が集まります。

◆登場人物

いつものマイティ・ソーに加え、ジェーンが女性版ソーとして姿を見せることが分かっています。また、新アスガルド王のヴァルキリーがLGBTであり「マイティ・ソー」で登場した戦士レディ・シフを女王を迎えるとのこと。女性キャラの話題も多いのが、今作の登場人物の特徴です。また「バトルロイヤル」に引き続き「エンドゲーム」でも登場した、ソーのネトゲ仲間コーグも引き続き、今作に登場することが判明しています。

【ソー/ラブ・アンド・サンダー】2021年11月公開決定!マイティ・ソー作品第4弾情報を徹底追跡!

MCUの各フェーズについて

MCU作品の数は、今後も増え続けます。しかもクロスオーバー作品も多く、その関連性や位置付け、世界観の進行度をわかりやすく説明するために、いくつかの作品が塊となって「フェーズ(phase)」=段階/区切りが設けられています。つまり、1つのフェーズで1つのエピソードが完結する、というわけでなく、次のフェーズに向けて、ある程度の話が進むというイメージ。2019年8月の段階では、フェーズ3までが終了しています。

これまでのフェーズ1〜3は「インフィニティ・サーガ」と呼ばれ、アベンジャーズを起点にして物語が進んでいました。しかし、フェーズ4にはこれまでの主軸であった「アベンジャーズ」の名前はありません。そして現在フェーズ5も企画が進んでいます。これからは過去の作品をリブートしたり、映画作品だけでなくオンデマンド対応のドラマ作品も組み込まれます。

フェーズ1

フェーズ1の見所は、

■アベンジャーズのメインキャラクターの登場

■4次元キューブで繋がるエピソード

■アベンジャーズの結成

フェーズ2に向けた序章という扱いになります。また4次元キューブが多く取り上げられているため、「エンドゲーム」に繋がる多くの伏線もあるのが魅力です。

フェーズ2

フェーズ2の見所は、

■アベンジャーズが正式に稼働

■新しいメンバーとの出会い

■インフィニティストーン「赤」「黄」「紫」登場

起承転結で言えば「承」とも言えます。宇宙からやってきたGotG、人工知能から生まれたヴィジョンや、S.H.I.E.L.D.の研究の成果であるアントマンと、新たなメンバーたちが登場し、テッセラクト以外のインフィニティ・ストーンが登場し、それらのストーンがどこかの結末に向かう鍵となるのでは?といった”匂わせ”が始まります。

フェーズ3

フェーズ3は、フェーズ1、2に比べその作品数は倍になり、その割に公開期間は短い。つまり、これまでのエピソードを一気にまとめあげる作品群だと言って良いでしょう。フェーズ3の冒頭「シビルウォー」で、アベンジャーズがバラバラとなるところから、始まります。

みどころは、

■サノス vs. アベンジャーズ

■これまでの伏線回収

■主要キャラクターの引退

フェーズのピークとなるのは当初「インフィニティ・ウォー二部作」と呼ばれていた「インフィニティ・ウォー」と「エンドゲーム」でインフィニティストーンを集めていたサノスによって訪れた全宇宙の生命の危機と、立ち向かったアベンジャーズたちが描かれました。これにより初代アベンジャーズたちは惜しまれつつも引退です。フェーズ3は、インフィニティサーガの終焉であり、フェーズ1から続くエピソードにひとまず区切りとなります。

フェーズ4

フェーズ4は、ドラマと映画作品が絡み合って、過去フェーズ3で解き明かされなかった謎や、人気キャラの外伝的なストーリーが展開されることが期待されています。これまでは映画作品だけでMCUが語られていましたが、ここからはドラマにも多くの小ネタが散らばっていると推察できます。

また、D23では公開スケジュールは未定ですが、キャプテン・マーベル関連作の「ミズ・マーベル」など3作品が新たに追加されています。 

フェーズ5以降

フェーズ5以降はまだ詳細未定ですが、「ブレイド」のリブートの登場はサプライズです。1998年公開で、人類と吸血鬼の混血であるブレイドの戦いを描いた旧作は、マーベルコミックのヒーロー映画の元祖として登場。当時、大ヒットを飛ばした作品です。

また、フェーズ4で登場が見込まれていたガーディアンズ・オブ・ギャラクシー作品は、監督問題で当初の予定よりもずれ込み、脚本もある程度前後作との兼ね合いで変更した上での公開が見込まれます。この辺りはまだまだ追加情報待ちという状況です。

MCU以外のマーベル作品について

マーベルコミック原作の作品は現在、MCU作品以外にも多く存在しています。数年前まで無関係?と思われていたスパイディもMCU参戦したこともあり、今後の行方とともに、MCUにクロスオーバーしているかどうかの境目は知っておきたいところです。とはいえ、クロスオーバー作品は現状多数ある、とまではいきません。

大きくわけると以下のようになります、

  作品数 主な作品 制作会社
MCU作品 22
  • アベンジャーズシリーズ
  • スパイダーマンHC(2017~)
  • ガーディアン・オブ・ギャラクシー
マーベルスタジオ
20世紀フォックスほか

19

  • XMENシリーズ
  • スパイダーマン(2002~)(2012~)
  • ブレイド(1998~)
20世紀フォックス、コロンビア
ドラマ 11
  • エージェント・オブ・シールド
  • ザ・ディフェンダーズ
  • ランナーズ
  • クローク&ダガー
ABC、Netflix、Hulu、フリーフォーム

 

クロスオーバーしている作品

MCU作品に積極的に関わりのある作品の多くは現在、Netflixで見ることのできるドラマ作品がほとんどです。

  • エージェント・オブ・シールド
  • エージェント・カーター

この2作品では、映画作品に影響を与える、というよりは映画作品公開後の肉付けをしたり、描ききれなかった裏話的なネタが展開されます。つまり、直接的な繋がりは薄い作品です。

具体的には、アベンジャーズ後を描く「エージェントオブシールド」は、本編で死んだはずのコールソンが、新生S.H.I.E.L.D.を結成する物語です。ヴィランで登場したチタウリのエピソードもありますが、MCU内のキャラクラーが姿を見せることはなく、用語や設定だけが引き継がれている、というものでした。

また、Netflixの他作品「デアデビル」なども、アベンジャーズが存在する世界が描かれています。「ザ・ディフェンダーズ」はアベンジャーズ的に、街角のヒーローが集結する、という筋書き。そして、いつか映画作品とも紐づくのでは?との期待もされているのです。

クロスオーバーしていない作品

実質クロスオーバーしていない、と言えるのは、以下の原作ではおなじみシリーズになるでしょう。

  • スパイディシリーズ
  • X-MENシリーズ
  • ファンタスティックフォー
◆スパイディシリーズ

スパイダーマンはMCU入り前に、サム・ライミ監督版3作、マーク・ウェブ版2作がありました。また、ソニー独自路線のスピンオフとしてはスパイダーマン3で登場した「ヴェノム」や、アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」もあります。

MCU入りが実現した理由は、ソニー・ピクチャーズが版権を持っているスパイディシリーズが、マーベルを買収したディズニーと契約を結んだことによるものです。

MCU作品の特徴は、原作とは異なるオリジナリティ要素の強さです。誕生シーンなども一切描かれていません。これまでのシリーズは原作に沿っているのですが、それが省略された形になっています。

◆X-MENシリーズ

アメコミ映画の知名度を一気にあげた人気シリーズです。人類の中からミュータントが生まれ、対立しながらも、ミュータントの中で多くのヒーローが出現していくストーリーで、シリーズとしては”7作品”があります。また、クロスオーバー作品としては、異色ではありますがデッドプール作品も含まれます。またスピンオフとしては、ウルヴァリンの「ゼロ」「サムライ」などがあります。

そのあと「ガンビット」などの制作も見込まれていましたが、FOXの買収劇によって白紙となり、2019年の「X-MEN:ダーク・フェニックス」が区切りの作品となりました。2021年以降にどうやらリブートとなるようです。原作ではX-MENとアベンジャーズがクロスオーバーする作品もあるため、マーベルファンの期待は特に高いニュースです。

◆ファンタスティック・フォー

宇宙の力を得て個性豊かな能力を持つ4人のヒーロが活躍する、原作では人気のチームで2度のリブートをしています。ヒューマン・トーチをキャプテン・アメリカ演じるクリス・エヴァンスや、ブラック・パンサーのキルモンガーを演じたマイケル・B・ジョーダンが演じており、MCU俳優が登場しています。

フェーズ5以降で、三度目のリブートが決定しているので、こちらも期待したいところです。

20世紀FOX買収へ。数々の作品がリブート開始

ディズニーがマーベルを買収したこと、そしてFOXを買収したことによって、多くの名作がリブートしてMCU入りすることになっています。「ブレイド」「ファンタスティック・フォー」はわかりやすい例と言えます。

また、これまで断絶感の大きかったX-MENは、このFOX買収劇によって、一気にMCU入りの可能性が高まりました。これまではMCU内で、X-MENのキャラ名や「ミュータント」という呼称すら使えませんでした。有名どころではクイック・シルバーは、X-MENでもMCUでも呼ばれず、それぞれ「ピーター」「ピエトロ」としか呼ばれませんでした。またそのクイックシルバーの双子の姉ワンダも、作品内でスカーレットウィッチという名前は呼ばれることがありませんでした。しかし、これでその問題も解決しそうです。

とはいえ、実はMCU入りしたスパイディシリーズは、ディズニーに組み込まれたというわけではありません。映画上映のオープニングを見てもわかる通り、マーベルとソニーとの関係性を堂々と記しているので”譲渡”という形式です。そのため、ちょっとした制作の都合上でMCU内に確固たる形で存在するかどうか、は微妙な状況ではあります。

まとめ

MCU作品はフェーズ4に向け、終わったばかりの過去フェーズ3までの23作品を振り返るなどして、より楽しめるための準備をしておくのが良いかもしれません。

見る順番を工夫して、たくさんの魅力的なキャラクターのストーリーを満喫しつつ、MCUならではの伏線や小ネタを楽しみながら、ネクストフェーズに備えるのが良さそうです。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画がすべて見放題【Disney DELUXE】

【MCUシリーズが見放題】これまでは課金が必要でしたが、公式の動画配信サービスの登場したことで見放題でみることができます。一部みれない作品もあるので詳しくは公式ページをご覧ください。今なら31日間無料トライアル付き。支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るなら【U-NEXT】

最新作をいち早く見たい方はこちらがオススメ。11月20日から『スパイダーマン:ファーフロムホーム』を最速でお届けします。有料作品に使える600円分のポイントが登録直後から利用できます。ディズニーデラックスでみれない作品もすべて揃っています。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • アベンジャーズエンドゲーム
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • インフィニティウォー
  • キャプテンマーベル

シリーズをお得に観たいなら【TSUTAYA】

会員登録してすぐに使えるポイントが最も多くて、月額933円で、1000円分のポイントがもらえます。最新作のレンタルも業界最速で配信しています。【ファーフロムホーム】いち早く先行配信を開始しており、他ではみれない特典映像付き。UNEXTよりも早い11月6日から配信スタート(セル盤です)

投稿日:2017年5月29日 更新日:

Copyright© マーベルガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.