MCU 映画マーベル作品の最新時系列・ネタバレを徹底解説!

マーベルガイド

アベンジャーズ3【インフィニティ・ウォー】の公開が待ちきれない!アベンジャーズ過去作品を徹底考察!

投稿日:

「アベンジャーズ」シリーズは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に登場するヒーローたちが結集する、いわばMCUの中心的な作品です。Avenger=復讐の名を冠するチーム名のとおり、宇宙からの侵略に対して復讐・対抗するための組織になります。

アベンジャーズの名を持つ作品は2017年8月現在、「アベンジャーズ1(2012年)」「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン(2012年)」の2作品が公開されています。さらに、シリーズは違うものの、アベンジャーズが勢ぞろいする「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)」も、アベンジャーズの動きをおさえる上では見落とせない作品です。

MCU作品の中核を担う重要なアベンジャーズですが、ついに2018年春に次回作「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」が、さらに2019年春には「アベンジャーズ4」の公開も決まっています。本記事では、最新作の情報はもちろん、最新作を十二分に楽しむための、過去作のポイントを徹底解説します。この記事を読めば、最新作を楽しむための情報をばっちりおさえられます。

目次

映画「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」の公開日は2018年4月27日!最新情報を紹介!

MCU19作目にあたる「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」。ここまでのMCU作品の集約点であり、一つの到達点とさえ言われている本作は、全米よりも早く日本で公開することが決定!日本では4月27日(金曜)から、全米は5月4日から公開します。今まさに情報が出つつある最新情報をまとめます。

あらすじ

多くのファンが予想していた通り、今作は悪名高き最強のヴィラン・サノスとの戦いが繰り広げられるようです。サノスは6つのインフィニティ・ストーンを集めて世界を滅ぼす野望を果たそうとし、それにアベンジャーズやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が立ち向かいます。詳細な内容はまだ不明ですが、その規模も人数もMCU史上最大の戦いになることは必至です。

アベンジャーズ3 登場メンバーを大胆予想!

「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」には、総勢60名を超えるキャラクターの登場が予定されています。ロマノフ役のスカーレット・ヨハンソンによると、1シーンに32人ものMCUキャラが登場し、出演者ですら誰が誰だかわからない状態になっているようです。

【アベンジャーズ3】インフィニティ・ウォー 登場キャスト&メンバー61人を大発表!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の結集点とも言えるアベンジャーズ。その最新作「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」が2018年4月27日に、ついに公開。 最新作では、なんと61 ...

続きを見る

現在明かされている最新小ネタ情報!

  • アベンジャーズ陣は、今作で入れ替えになるとも言われています。特に、キャプテン・アメリカのMCU卒業説が出ています。
  • ついにガーディアンズ〜とアベンジャーズが合間見えることが発表されました。19作目にして初の共演になります。
  • トニー・スタークの撮影中写真で、服の胸部分にリアクターの穴が空いていることが判明!体にリアクターがはめ込まれていた時間まで戻るのか?と話題になっています。

原作「インフィニティ・ガントレット」から、最新作考察!

@Marvel

最新映画のストーリーは、「インフィニティ・ガントレット」というマーベルコミックを元にしているとされています。MCU作品には、マーベルコミックで登場しているヒーローが未登場のことも多く、映画版は原作コミックからアレンジされることがしばしばあります。今回は原作の内容から、映画の内容を独自予想します。

原作コミックあらすじ 〜映画ではどう描かれるのか?

@Marvel

女神デスへの盲目な愛から、インフィニティ・ガントレットを使って宇宙の破壊を企むサノス。アベンジャーズやコズミック・ビーイングが阻止しようとするものの、その強大な力の前に敗れ、サノスは宇宙の最上位の存在となります。しかし、一瞬の隙をみたネビュラにガントレットを奪われてしまいます。

アベンジャーズとサノスは協力し、ネビュラと対峙します。ドクター・ストレンジのアガモットの目とインフィニティ・ガントレットの力で時間が戻され、殺されたヒーローや神々は復活!戦いの末、インフィニティ・ガントレットはウォーロックの手に渡り、事態は収拾します。

一方、ソーの一撃で宇宙の彼方へ飛ばされたサノスは、改心し、未知の土地で農夫として穏やかに暮らすことになりました。

以上が、原作のあらすじです。

映画では、これまでウォーロックがほぼ登場していないので、原作通りの活躍を見せてくれるのかは注目ですね。ただし原作通りだと、今までのアベンジャーズはあまり活躍の場がないような気もします。ソーやアイアンマンの活躍を是非見たいファンとしては、現アベンジャーズがどうサノスと戦うのかが楽しみです。ネビュラはガーディアンズ〜で、サノスへの復讐心を見せていたので、そのあたりは原作通りの流れになるかもしれないですね。

最後のインフィニティストーン「ソウル・ストーン」はどこに?

MCU作品同士を繋ぎ、強大な力を持つ6つのインフィニティ・ストーン。これまで5つ登場していますが、最後の1つ「ソウルストーン」だけが、未だMCU作品に出ていません。最新作は「インフィニティ・ストーン」をめぐる戦いであることは間違いないため、ソウルストーンも必ず登場するはずです。

その初登場については、様々な憶測があります。その中でも、最強のハンマー・ムジョルニアの中にあるのでは?全てを見通すヘイムダルの目が関わっているのでは?といったアスガルドに関わってい説が気になります。公開作品順を考えても、本作の2作品前に公開される「マイティ・ソー3/バトルロイヤル」での初登場が、濃厚なのではないでしょうか。

重要人物を予想!敵ヴィラン「サノス」とは?

言うまでもなく、本作最大の敵・サノスは重要人物でしょう。原作のサノスは、サノスにしか見えない女性・デスへの盲目な愛から、宇宙の数多の文明を破壊して回ります。ただ、映画でデスは「マイティ・ソー3/バトルロイヤル」のほうで登場するようで、サノスとの関わりは未だ不明瞭です。

さらに、原作ではストーンを集めきっているサノスですが、映画では今1つも保有していません。最新作で、サノスは全てのインフィニティストーンを手にできるのか?その先に待ち構える宇宙の命運は?サノスが宇宙を滅ぼしたい動機も、映画ではどう描かれるのか注目です。

重要人物を予測!「アダム・ウォーロック」とは?

次の重要人物は、科学者によって生物兵器として作られた人造人間「アダム・ウォーロック」です。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2/リミックス」のエンディングシーンで初登場し、続編にも登場するとされています。

ウォーロックは、原作コミックにおいて、サノスとの戦いの指揮官的存在として主導権を握り、最終的にインフィニティ・ガントレットを回収する役割を担います。そのため、本作でもアベンジャーズと共闘し、結末に関わる重要な役割を担うのではと考えられます。

ただし、暗雲も!「ガーディアンズ」シリーズのガン監督によると、ウォーロックは「インフィニティ・ウォー」へ参戦しないようなのです。そうすると、最終的にインフィニティ・ガントレットは、一体誰の手に…?

重要人物を予測!「キャプテン・マーベル」とは?

もう一人の重要人物は「キャプテン・マーベル」です。未だMCU作品への参戦がない女性ヒーローですが、「アベンジャーズ3」と「4」の間に主役映画の公開が予定されています。ブラックパンサーもそうでしたが、主役映画前の登場が発表されています。
ワスプに先立って登場する女性ヒーロー(ヒロイン?)がどう関わってくるのか、こちらも大注目です!

超次元的存在「コズミック・ビーイング」の活躍は?

コズミック・ビーイング(コズミック・エンティティー)とは、マーベル作品のなかでも特に強大な力を持つ宇宙的存在、いわゆる神様のことを指します。ソーたちよりもずっと地位が上の、宇宙を統治する存在です。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」で、その一人ウォッチャーが登場しました。原作でサノスが恋をしたデスや、その対になる存在であり宇宙を統治するエタニティも、コズミック・ビーイングです。

原作では、サノスにあっけなく倒されてしまう彼らですが、今作でどのように登場してくるのか?そもそも登場するのか?そこにも大注目です!

「アベンジャーズ」過去3作品のキーポイントと伏線を解説!

それでは、アベンジャーズに関わる過去3作品のキーポイントに絞って解説します。この中にはきっと、最新作につながる伏線もあるはずです。

「アベンジャーズ1」

◆初代アベンジャーズの結成

ロキとチタウリ軍の地球侵略に際し、初代アベンジャーズが結成されました。ニューヨークでの戦いの後は、一旦、それぞれの道へ戻ります。チームとしては、緩いつながりを持ち続けていました。

◆2つのインフィニティ・ストーンの登場

本作では「テッセラクト」と「セプター」が登場します。
テッセラクトは、かつてオーディンによって地球にもたらされ、S.H.I.E.L.D.に保管されていました。今回ロキとチタウリが地球を侵攻するきっかけとなり、奪い奪われを繰り返した結果、ソーがアスガルドへと持ち帰りました。
セプターは、サノスからロキに渡された精神を操る杖の中に入れられていました。杖は戦いの後、S.H.I.E.L.D.に回収されますが、組織内にいたヒドラのストラッカーによって持ち出されます。これが次回作へと繋がります。

映画「アベンジャーズ1」を徹底解説!ネタバレ・MCU作品における伏線もまとめます!

2012年に公開された映画「アベンジャーズ」は、アベンジャーズシリーズの先頭作品になります。また、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品においては6作目にあたり、フェイズ1の最後を締めくく ...

続きを見る

「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」

◆ソコヴィア騒動にみる、アベンジャーズの立ち位置の変化

スタークが生み出してしまったウルトロンが、人類滅亡を企んで起こしたソコヴィア騒動。人類の滅亡は防いだものの、アベンジャーズが生み出したウルトロンによってソコヴィアを失った事件は、世の中に「アベンジャーズはヒーローではなく、犯罪者では?」といった議論を生むことになりました。

これが「シビル・ウォー」の原因となるソコヴィア協定へとつながります。

◆新アベンジャーズの結成

ソコヴィア騒動は、世間の目だけでなく、メンバー自身にもその存在の意味を考えさせることとなりました。騒動後、アイアンマン・ソー・ハルク・ホークアイは、組織を脱退します。直前に崩壊したS.H.I.E.L.D.のニックらと共に、新たなメンバーも加え、新アベンジャーズが誕生しました。

◆インフィニティ・ガントレットの存在と、立ち上がるサノス

これまでロキやチタウリなど、周りの手を使ってインフィニティストーンを集めようとしてきたサノスですが、ことごとく失敗に終わっています。本作でも、セプターを取り戻せなかったサノスは、エンディングシーンで、インフィニティ・ガントレットを自らの手にはめて立ち上がる様子が描かれます。

◆アントマン、ブラックパンサーへの伏線

「アントマン1」では、S.H.I.E.L.D.創始者の一人・ピム博士が、かつてハワードの倉庫があった場所へアントマンを送り込むシーンがあります。その倉庫の場所が、本作で出てきた新生アベンジャーズ施設になるのです。新しい施設ができていたことが、本作で伏線として登場していました。

また、ウルトロンとの戦いの中で、ヴィヴラニウムの採掘国としてワカンダが登場します。ワカンダは、シビル・ウォーにも参戦する「ブラックパンサー」の国です。さらに今後公開される主演作では、本作で出てきた武器商人ユリシーズが敵として登場する可能性もあります。

映画「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」を徹底解説!ネタバレ・MCU作品における伏線もまとめます!

2015年に公開された映画「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」は、アベンジャーズシリーズの名前を冠する第2作目にあたります。また、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品においては ...

続きを見る

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

◆アベンジャーズにおける、シビル・ウォーの立ち位置

ソコヴィア騒動を経て、アベンジャーズを国連管理下に置く「ソコヴィア協定」が議論されました。アベンジャーズ内でも、その賛否が問われ、チーム・アイアンマン(賛成派)とチーム・キャプテン(否定派)とに分かれて内戦が勃発します。
どちらも世界平和という目的は一緒であるのに、戦いを通じてその絆は薄れつつあるように見えます。

【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】ネタバレ結末まとめ!あらすじ・登場人物まで徹底解説!

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、2016年に公開された「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作目です。さらに、アメコミヒーローたちが結集するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作 ...

続きを見る

シビル・ウォーを経て、アベンジャーズが置かれている今

◆チーム・アイアンマン

ソコヴィア協定への賛成派ですが、その意思は様々。ブラックパンサーはウィンター・ソルジャーへの復讐の念から、スパイダーマンはアイアンマンへの憧れから、こちらに属しました。シビル・ウォーを通して、ウォーマシンは下半身付随になるなど、戦いの結果はほぼ敗北といえるものでした。

  • アイアンマン
  • スパイダーマン
  • ウォーマシン
  • ブラックパンサー
  • ヴィジョン
  • ブラック・ウィドウ(→途中からチーム・キャプテンへ)
◆チーム・キャプテン

ソコヴィア協定への反対派。罪人ウィンター・ソルジャーに加担したことで、シビル・ウォー直後は刑務所に入れられたりしていました。騒動が全て終わった後、キャプテンによって全員が脱獄に成功しています。ウィンター・ソルジャーは、自らの意思で冷凍睡眠しています。

  • キャプテン・アメリカ
  • ファルコン
  • アントマン
  • スカーレット・ウィッチ
  • ホークアイ
  • (ウィンター・ソルジャー)

作品名に「アベンジャーズ」の冠がついていない理由

「アベンジャーズ」シリーズは、インフィニティストーンをめぐるサノスとの戦いを基軸に膨らませた展開に特化しています。そこで、シビル・ウォーは、「キャプテン・アメリカ」シリーズのほうで実写化されることなりました。

また本作は、「キャプテン・アメリカ2/ウィンター・ソルジャー」の続きとしての、バッキーとスティーブの関係性に焦点を当てています。それも、キャプテンシリーズとしてまとめた理由の一つではないでしょうか。

「アベンジャーズ」に参加するヒーローたちを紹介!

アベンジャーズにこれまでに加入したヒーローたちについて、概要や登場作品、アベンジャーズへの参入・脱退タイミングなどについてまとめていきます。

アイアンマン/トニー・スターク

武器製造を中心に成り上がったスターク社の社長を務めていましたが、自身がテロ組織へ誘拐された経験を経て、アイアンマンに。アベンジャーズ初期メンバーとして戦っていましたが、ソコヴィア騒動を経てアベンジャーズから一旦身を引きました。その後、シビル・ウォーでソコヴィア協定への賛成派リーダーとしてキャプテンと対立します。父はS.H.I.E.L.D.創始者の一人、ハワード・スターク。

 

ハルク/ブルース・バナー

γ線研究の天才科学者。スーパーソルジャー計画の血清研究中に、自らの体で実験をして失敗、怒りなど感情が高ぶると超人ハルクに変化するようになりました。最強級の力を持つ代わりに、理性を失うハルクになることを嫌うバナーは、ソコヴィア騒動のあと、自ら姿を消してしまいました。

 

ソー・オーディンソン

神々の国アスガルドの王・オーディンの子。最強のハンマー・ムジョルニアを自在に操り戦います。かつてその未熟さから地球に追放されるものの、義弟・ロキとの戦いを経て帰郷します。地球を含む7つの世界の統治を行なっており、ロキが地球を侵略した際に、初期アベンジャーズに参入しました。ソコヴィア騒動のあと、アスガルドへ帰郷し、シビル・ウォーには参加していません。

 

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース

第二次世界大戦中に、スーパーソルジャー計画により超人に。ヒドラのレッド・スカルらとの戦いを経て、氷の海で70年冷凍保存されており、S.H.I.E.L.D.によって引き上げられ復活しました。その後はアベンジャーズのリーダー的存在として、ヴィヴラニウム製の盾を使って戦います。親友バッキーを救うべく、スタークらとシビル・ウォーで対立し、姿を消します。元恋人は、S.H.I.E.L.D.創始者の一人で、自らの長官であったペギー・カーター。

 

ホークアイ/クリント・バートン

S.H.I.E.L.D.のエージェントの一人で、最強の弓使い。愛する妻子がいますが、危険から避けるため、隠れ家に住まわせています。ソコヴィア騒動のあと、家族のためにアベンジャーズを去りますが、キャプテン・アメリカの要請でシビル・ウォーに戻ってきます。

 

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ

S.H.I.E.L.D.のエージェントの一人。かつてロシアの諜報機関で訓練を受けさせられた超スパイで、ホークアイに助けられた過去をもつようです。ブルースを慕い、ハルクと心を通わせます。自己判断力に優れ、シビル・ウォーでも、場面に応じて所属チームを移り変わっていました。

 

ウォーマシン/ジム・”ローディ”・ローズ

トニー・スタークの友人であり、米軍大佐。元々はアイアン・パトリオットという星条旗模様のスーツを着ていましたが、ソコヴィア騒動時から黒いスーツを身にまとい、騒動後アベンジャーズへ加入しました。シビル・ウォーでは、チーム・アイアンマンに属しましたが、ビジョンの放った攻撃により下半身付随になってしまい、現在リハビリ中です。

 

ファルコン/サミュエル・トーマス・ウィルソン

スティーブがジョギング中に出会った元空軍隊員で、背中の機械の羽で空を自由に飛びます。スティーブの友人として彼に協力をし、新アベンジャーズへ参入しました。アントマンが施設に侵入した際に戦い、アントマンをシビル・ウォーへ呼ぶきっかけとなりました。シビル・ウォーでは、チーム・キャプテン側に加担して刑務所に入れられましたが、キャプテンによって救出されました。

 

ヴィジョン

セプターを元に作られたクレイドルと、スタークの持つ人工知能J.A.R.V.I.S.を元に、新しく生成された生命体。謎に包まれますが、誕生以来、アベンジャーズに所属してともに戦っています。シビル・ウォーではチーム・アイアンマン側につきました。

 

スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ

ヒドラのストラッカーがセプターを使って行なっていた人体実験によって、念力を扱えるようになったソコヴィアの孤児。双子のピエトロをソコヴィア騒動で失い、その後一人アベンジャーズへ参加しました。自身の力が人を傷つけることに恐怖を覚えています。シビル・ウォーでは、ソコヴィア協定へ反対するキャプテン側につきました。

 

◆今後加入が予想されるヒーロー

現時点ではアベンジャーズのメンバーにはなっていませんが、インフィニティ・ウォーに向けて参加、または共闘態勢になりそうなヒーローたちをまとめました。

アントマン/スコット・ラング

凄腕の窃盗犯であったスコットは、初代アントマンでありS.H.I.E.L.D.創始者の一人ハンク・ピム博士に見込まれ、2代目アントマンになりました。ピム粒子の力で体を蟻サイズまで縮めて戦います。ある装置の奪還のためにアベンジャーズ施設に乗り込んだ際に、ファルコンに見つかったことがきっかけで、シビル・ウォーではチーム・キャプテンに招集されました。

 

ブラックパンサー/ティ・チャラ

ヴィヴラニウムが採掘される国・ワカンダの王。ソコヴィア協定の議論の場に、父ティ・チャカとともに来ていたが、父がウィンターソルジャーに殺され、復讐に立ち上がりました。そのため、シビル・ウォーでも、ウィンターソルジャーに肩入れするキャプテン側に反目し、チーム・アイアンマンに所属しました。「アベンジャーズ3」の直前に主役映画も公開されることもあり、アベンジャーズへの再招集は間違いないようです。

 

スパイダーマン/ピーター・パーカー

スーツを身にまとい、蜘蛛の糸のような装置を使って自由自在に動き回る、マーベルでも人気のヒーロー。動画サイトにあがっていたスパイダーマンの活躍を見たスタークによって、シビル・ウォーへスカウトされ、チーム・アイアンマンの一人となりました。本人はテレビでみたヒーローたちの集いに参加したことを誇りに思っていたようですが、戦いの後はそのまま日常へ戻されています。本作以降のMCUを担うヒーローとも言われており、アベンジャーズへの再招集は避けられないでしょう。

 

スターロード/ピーター・クイル

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のリーダーで、トレジャーハンター。かつて地球から宇宙盗賊ラヴェジャーズに誘拐された過去を持ちます。結果的に、オーブをザンダー星で保護するのに一役買いました。これまでアベンジャーズとは一切絡みはありませんでしたが、本作でついに邂逅するようです。

 

ドクター・ストレンジ/スティーブン・ストレンジ

天才外科医でしたが、不慮の事故で両手の機能を失いました。そんな中、エンシェント・ワンの指導により、魔術師としての力を覚醒させていきます。インフィニティストーンの一つ、タイム・ストーンが入ったアガモットの目を保有しており、「アベンジャーズ3」でアベンジャーズへ参戦するのではと考えられています。

ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン

アントマンの女性ヒーロー。今後公開される「アントマン2/アントマン&ザ・ワスプ」にて、ハンク・ピム博士の娘、ホープが、母を継いで2代目ワスプになります。ワスプは「アベンジャーズ4」への参戦が決まっているようで、今後アントマンに続き、アベンジャーズへ合流していきそうです。

 

キャプテン・マーベル

人間とクリー人の遺伝子が混ざり合った女性ヒーロー。ただ強いだけではなく、光速移動や予知能力も持つようです。主演映画は2019年3月に公開予定で、MCU初登場が「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」になります。まだ背景も語られていない彼女が、どのようにアベンジャーズに絡んでくるのか、注目ですね。

 

地球を守るべく結成された「アベンジャーズ」ですが、平和のための行動や戦いが生んだ悲劇が、彼らの立ち位置を徐々に悪い方向へと導いていきました。その溜まりに溜まった膿が爆発したのが、シビル・ウォーとも言えます。

ヒーロー同士の絆はズタズタな中、最強の脅威・サノスが迫って来ている…これは大ピンチとしか言いようがありません!果たしてアベンジャーズは、地球を、宇宙を守ることができるのか?

最新作「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」の公開が待ちきれませんね!

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アントマン&ワスプ』公開を記念して、『マイティソー/バトルロイヤル』ほか、マーベル映画を配信しています。Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『マイティソー/バトルロイヤル』、『ブラック・パンサー』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

Copyright© マーベルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.