MCU 映画マーベル作品の最新時系列・ネタバレを徹底解説!

マーベルガイド

【アイアンマンの相棒】ジャービスについて徹底解説!〜声優からヴィジョンとの関係まで〜

投稿日:

ジャービスは、アイアンマンの相棒として有名な人気キャラクターです。「映画のジャービスについて詳しく知りたい!」「原作ではどんなキャラクターなの?」「ヴィジョンとはどういう関係なの?」など、彼について知りたい方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、ジャービスというキャラクターについて、徹底的に解説します!

ジャービスとはどんなキャラクター?

映画でのジャービス

ジャービスとは、アイアンマンことトニー・スタークが開発した人工知能(AI)です。初登場は『アイアンマン』で、パワードスーツと同時に生み出されました。戦闘をサポートしたり、私生活では家事やセキュリティを担当したり、よき話し相手になったりと、頼れる相棒としてトニーを支えます。

ジャービスは、「J.A.R.V.I.S」が正式名称。これは「Just a Rather Very Intelligent System」の頭文字をとったもので、日本語にすれば「ただの超優秀なかしこいシステム」という意味です。まさに、天才科学者であるトニー・スタークらしい名付け方ですね。

声優は、イギリス人俳優のポール・ベタニー。舞台俳優を経て映画デビューしました。『ROCK YOU!』や『ビューティフル・マインド』、『ダ・ヴィンチ・コード』など、数々の話題作に出演しています。

原作でのジャービス

実は、原作コミックでは、ジャービスは普通の人間の男性でした。その名は「エドウィン・ジャービス」。トニーの父・ハワードの代からスターク家に仕える執事であり、トニーの家庭教師かつ親友です。アベンジャーズが結成されたあとは、「アベンジャーズ・マンション」というアベンジャーズの本部兼住居の執事を務めています。かつてはナチスと戦うために空軍に所属していた経歴を持ち、料理の腕前もプロ並みという、まさにスーパー執事です。

なお、エドウィン・ジャービスは、マーベルのドラマ『エージェント・カーター』に登場しています。俳優はジェームズ・ダーシー。原作どおりスターク家の執事であり、主人のハワードを救うために奔走します。

ジャービスとヴィジョンの関係は?

『アベンジャーズ2』において、ジャービスはヴィジョンというヒーローに生まれ変わります。これには、インフィニティ・ストーンのパワーが大きく関わっています。

『アベンジャーズ』で敵だったロキの持つ杖には、インフィニティ・ストーンのひとつ「マインド・ストーン」が埋め込まれていました。トニー・スタークは、この石を使って人工知能ウルトロンを生み出します。ところが、ウルトロンは暴走を始め、止めようとしたジャービスを破壊してしまうのです。その後、ウルトロンは人類の滅亡に向けて、マインド・ストーンのパワーを利用して人工肉体を作り、そこに自分をアップロードしようと企みます。

しかし、実はジャービスは生き延びていました。トニー・スタークとブルース・バナーは、ウルトロンに対抗すべく、奪った人工肉体にジャービスをアップロードします。その結果生まれたのが、最強の人造ヒーロー「ヴィジョン」でした。

ヴィジョンの額にはマインド・ストーンが埋め込まれており、これによって、さまざまな超人パワーを使うことができます。人間らしさを得ていく中で、彼はアベンジャーズの一人であるワンダと心を通わせていきます。なお、ヴィジョンを演じているのは、ジャービスの声を当てていたポール・ベタニーです。

原作でのヴィジョンは、ウルトロンがアベンジャーズと戦うために作った人造人間という設定です。「ワンダーマン」というヒーローの意識が元になっており、最後には人としての記憶を取り戻して、アベンジャーズと共にウルトロンを撃退しました。彼は、のちにスカーレットウィッチと結婚し、子どもにも恵まれています。

フライデーやカレンなど、他のAIたちとの関係は?

ジャービスに代わって新しく開発されたのが「フライデー(F.R.I.D.A.Y)」です。若い女性の声で喋り、アイアンマンをサポートします。フライデーは、ジャービスの機能をさらにアップグレードした人工知能であり、敵の能力を分析したり、データベースにハッキングをしたりすることもできます。声は、アイルランド女優のケリー・コンドンが演じています。

『スパイダーマン:ホームカミング』をご覧になった方は、スパイダーマンのスーツに搭載された人工知能「カレン」を覚えていらっしゃるでしょうか。彼女も、優秀なサポートAIとして、スパイダーマンの戦闘を補助します。カレンの声を当てているのは、女優ジェニファー・コネリー。実は、彼女は、ジャービスの声を当てていたポール・ベタニーの奥さんなんです。夫婦そろってAI役で、共にヒーローのサポートをするキャスティングが面白いですね。

まとめ:ジャービスは魅力あふれる高性能人工知能!

アイアンマンの相棒であるジャービスについて、改めてまとめます。

  • 映画では、優秀なAIとしてトニー・スタークの仕事も生活もサポート。俳優はポール・ベタニー。
  • 原作では人間の男性だった。ハワード・スタークの代から支えてきた優秀な執事。
  • ヴィジョンは、ジャービスの生まれ変わりといえる存在。
  • ジャービスの機能は、新AIのフライデーに受け継がれた。また、似た存在としてAIのカレンがおり、彼女はスパイダーマンのサポートを務めている。

裏でヒーローの活躍を支え続けた彼は、アイアンマンにとってもアベンジャーズにとっても、かけがえのない存在なのです。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アントマン&ワスプ』公開を記念して、『マイティソー/バトルロイヤル』ほか、マーベル映画を配信しています。Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『マイティソー/バトルロイヤル』、『ブラック・パンサー』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-アイアンマン

Copyright© マーベルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.