MCU 映画マーベル作品の最新時系列・ネタバレを徹底解説!

マーベルガイド

https://marvel-guide.com

アントマン2【アントマン&ワスプ】と過去作品を徹底考察!

更新日:

「アントマン」はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に登場するヒーローの一人です。スーツを身にまとうことで1.5cmの世界最小ヒーローとなれるアントマンは、蟻の仲間を駆使して戦います。

「アントマン」を冠した作品は、2015年に公開された「アントマン」に続き、待望の2作目「アントマン2/アントマン&ワスプ」は2018年8月31日に公開されます(全米は7月8日に先駆けて公開)。ここでは、アントマン最新作をより一層楽しむために、おさえておきたいポイントをまとめました。

参考 前作『アントマン』をすぐに視聴したい方は「アントマン(吹替・字幕)視聴できる動画配信サービスまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

「アントマン2/アントマン&ワスプ」は2018年8月31日!最新情報をお届けします。

@marvel

アントマン・シリーズ第2作目となる本作は、2018年8月31日に公開が決定しました。ちなみにワスプはマーベル史上初、タイトルになった女性ヒーローになります。現時点で明らかになっている、あらすじや最新情報をまとめます。

あらすじ

「スーパーヒーローであり、父親である」を両立することに悩むスコット・ラングの元に、ホープとハンク・ピム博士は緊急の任務を持ち込みます。スコットは、ワスプとなったホープとともに戦いながら、ホープやピムの過去の秘密へと迫っていく、という物語になるようです。

時系列としては、アントマンが最後に登場した「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の後の話となりそうです。アントマンの技術を開発したハンク・ピム博士の娘ホープが、「アントマン1」の最後に初代ワスプであるジャネットの次期スーツを譲り受けており、本作では2代目ワスプとして登場するようです。

「アントマン1」では、ヒドラの協力者・カーソンがピムテックから粒子を持ち出すシーンが描かれていますので、彼が敵として現れる可能性もあります。また新ヴィランとして登場する科学者ゴーストがピム粒子のようなものを発明する可能性もあります。アントマンの良さを生かすためにも、1作目同様、縮小世界での戦いは必至なのではないでしょうか。

新たな登場人物「ワスプ」

@marvel

本作新登場のスーパーヒロイン「ワスプ」は、ホープが扮するスーパーヒロインです。

1作目の最後のシーンでハンクからワスプのスーツを渡されて1代目のジャネットからホープにスーツが受け継がれました。能力は未知数ですが、初代ワスプ同様に縮んで戦うことは間違いないでしょう。また、その名は「蜂」に由来しているため、針や毒といった特徴・能力を持つことも予想されます。

MCU作品としての注目ポイント

MCU映画としては、第20作目の記念すべき作品となります。「シビル・ウォー」でアベンジャーズと初めて絡みのあったアントマンですので、本作でもアベンジャーズ面々が登場する可能性は高く、MCU作品としても大きなストーリー展開が予想されます。

さらに、本作の公開はMCU作品史上最大の戦いと予想される「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」の直後。アントマンも参戦することが決まっているインフィニティ・ウォーの結果を踏まえた動きがあってもおかしくありません。一方、ワスプは「アベンジャーズ4」に参戦予定とのことです。

「アントマン2」登場人物・敵(ヴィラン)を徹底紹介!

最新作を観る前に、絶対おさえておきたいのが「アントマン」世界の登場人物や世界観です。簡単に復習できるように、主要な部分について紹介します。最新作「アントマン2」に新たに3人の仲間が明らかになりました。

参考 声優&キャスト紹介はこちら

スコット・ラング/アントマン

@marvel

主人公「スコット・ラング」をポール・ラッドが演じます。シリーズ1作目では脚本家としても活躍マルチな才能の持ち主。

前科者だが、熱い正義感を持つ本作の主人公。娘への強い愛情が行動の原動力となっています。2代目アントマンとして活躍中です。

ホープ・ヴァン・ダイン

@marvel

ヒロイン役「ホープ」を演じるのは、エヴァンジェリン・リリー。ハンク・ピムとジャネットの娘で、ピムテックの会長を勤めています。「アントマン2」では2代目ワスプとなって戦うようです。長年父への疑念を持っていましたが、「アントマン1」で和解しました。

ハンク・ピム

@marvel

1代目アントマンを演じる「ハンク」は、マイケル・ダグラスが演じます。

S.H.I.E.L.D.の創設メンバーの一人で、ピム粒子を開発した天才科学者。初代アントマンとして世界平和を守っていましたが、2代目としてスコットを任命しました。

ジャネット・ヴァン・ダイン

1代目「ホープ」演じのは、ミシェル・ファイファー。「アントマン1」でも少しだけ登場したハンク・ピムの妻。初代ワスプとして、かつてピムと共に任務にあたっていました。自ら原子サイズへと縮小することでICBMの発動を止めた代わりに、量子世界から戻れなくなってしまいました。

本作ではミシェル・ファイファーが演じることが発表されています。果たして量子世界から戻ってくるのか、ホープの過去の話の中だけで出てくるのか…楽しみですね。

ビル・フォスター/ブラック・ゴリアテ

演じるのは、ローレンス・フィッシュバーン。ゴリアテという名前以外にも、ジャイアントマンという名前を持っています。

体長を自在に変化させることができる科学者で、原作ではトニー・スタークとハンク・ピム博士の助手。スーパーヒーローのブラック・ゴリアテ(ゴライアス)となり、ピム博士からアントマンを引き継ぐ役割を担う重要人物です。アントマン2ではアントマンとともに戦う存在になるのでしょうか。

エージェント・ジミー・ウー

ジミー・ウーを演じるのは、ランダル・パーク。

原作では、S.H.I.E.L.D.のエージェント。FBI捜査官として活躍したのち、超人チーム「デパートメント・ゼロ」のメンバーとして活躍した経験もあります。「キャプテン・アメリカ2/ウィンター・ソルジャー」にてS.H.I.E.L.D.は崩壊済みの世界で、彼はどういった立ち位置で登場するのでしょうか。

ルイス

@marvel

スコットを演じるのは、マイケル・ペーニャ。刑務所で出会った親友で、ピムテック侵入時にも協力してくれた仲間の一人です。次作アントマン2でも出演が決定。他には前作でも登場したルイスの友人「カート」も同じく出演することが決定しました。

 

アントマンを支えるアリたちを紹介

 

◆アントニー/クロオオアリ

@marvel

アントマンを背中に乗せて空を飛びます。個体番号247、通称アントニーは、唯一スコットが名前で呼ぶ相棒的存在の蟻。ピムテック突入時に犠牲となりました。

◆ヒゲナガアメイロアリ/クレイジー・アント

オレンジ色の小さい蟻。ピムテック突入時にはサーバーを破壊するのを手伝ったりしました。

◆サシハリアリ/弾丸アリ

アントマンよりも大きく、蟻の中でも大型種で、毒性が強いです。

◆アカカミアリ/火アリ

毒性の強い針を持ち、刺されると火傷のような痛みを与えられます。作中では小さな体同士を繋げ、筏や橋を作ってアントマンの潜入を助けました。

主な敵(ヴィラン)について

1作目ではイエロージャケット扮する「ダレン・クロス」が最大のヴィランとなりました。本作もどうやら”科学者”がキーポイントになりそうです。順に説明していきます。

ソニー・バーチ

ソニーバーチを演じのは、ウォルトン・ゴギンズ。「アイアンマン」で出てきたヴィラン、オバディア・ステイン(アイアンモンガー)と関連する人物。原作では、ダレン・クロスの会社「クロス・テクノロジーズ」の再起を目論む新社長という設定のバーチ。ワスプとの対決はあるのでしょうか。

ゴースト

ゴーストを演じるのは、ハナ・ジョン・カーメン。

原作では男性となりますが映画では性別を変えて出演。マスクを被っており、脱いだ姿は誰一人として見たことがない謎に包まれた科学者。自分を透明にするスーツをもっています。さらに過去にはアイアンマンと因縁が深い人物。

【アントマン&ワスプ】ヴィラン・ゴーストとは?原作と映画の違いを読み解く!

ゴーストは「アントマン&ワスプ」で初登場するヴィランです。実は原作コミックでもあまり注目されていないキャラクターで、調べても有力な情報はあまり出てこない謎だらけの人物です。原作ではアントマンと ...

続きを見る

 

過去のヴィランを紹介

 

ダレン・クロス/イエロージャケット(コリー・ストール)

ピム博士の元弟子にして、ピムテックの2代目社長。ピム粒子を自ら研究し、金のために軍事利用しようとします。自らイエロージャケットを着て戦いますが、アントマンの前に破れます。

ミッチェル・カーソン

かつてS.H.I.E.L.D.に属し、昔からピム粒子の価値を狙っていました。当時から秘密結社ヒドラと繋がりがあり、ダレンとヒドラをつなぐ役割を担っています。

アントマンの能力・武器について

アントマンが映画で見せた能力と武器は、以下の通りです。

  • 拡大・縮小能力
  • 高い防御力・攻撃力
  • ディスクによる物の拡大・縮小
  • 蟻の調教・操作

グローブにあるボタンを押すことで、ピム粒子を体へ注入します。ベルトの調整機能で粒子の量を調整することも可能です。
ディスクはピム粒子を利用した手裏剣状の武器で、当てた物を自由に拡大・縮小できます。

アントマンの特徴でもある蟻の操作能力は、電磁波によって蟻の嗅覚中枢を刺激し、交信が可能です。蟻だけでなく、他の虫も可能です。

 原作コミックとの違いについて

「アントマン」は原作と映画がかなり違うことでも有名です。具体的には、以下のような違いがあります。

初代アントマンは、巨大化したジャイアントマン/ゴライアスとしても活躍!

映画と同じく、初代のアントマンはハンク・ピム博士なのですが、縮小だけでなく拡大もできました。アントマンとして活躍した後は、ジャイアントマン→ゴライアスと名を変えていきます。

初代アントマンは、アベンジャーズの創設メンバーだった!

初代アントマンと初代ワスプは、アベンジャーズの創立メンバーでもありました。暴走したハルクを止めるべくアイアンマンとソーと共にロキと戦ったことがきっかけです。初期からアベンジャーズにいるので、原作ではニューヨークやソコヴィアでの戦いにも参戦しています。

ウルトロンを発明したのは、ピム博士だった!

戦いの末にウルトロンを破壊したのも、イエロージャケットとなったピム博士でした。

イエロージャケットは、ピム博士の別人格だった!

薬物の副作用で精神バランスを崩したピム博士は、普段の自分とは違う人格「イエロージャケット」ともなりました。さらに妻を失った後は「ワスプ」を名乗っていた時もあります。

スコットが2代目アントマンになるきっかけは、娘の心臓病だった!

スコットの娘・キャシーの心臓病を治せる名医、ソンドハイム医師が誘拐されていたため、医師を救い出すために「アントマンスーツ」を盗みに行ったのがきっかけでした。ちなみに原作では、誘拐犯の名がダレン・クロスでした。

3代目アントマンは、スコットの娘・キャシー!

スコットに命を救われたキャシーは、父との交流の中でピム粒子の影響を受け「スタチャー」という3代目アントマンになり、スコットの命を救った、という設定があります。これはまだ映画では描かれませんが、今後出てきてもおかしくない設定ではありますね。

MCU作品における「アントマン」とは?アントマン登場作品を時系列に沿って解説!

アントマンが登場した作品は「アントマン1」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」です。さらに今後「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ4」へも参加が決まっています。MCU作品に関わるアントマンの動きについて、時系列に沿って見ていきます。

「アントマン1」(2015年)

  • S.H.I.E.L.D.の創設メンバーの一人であった天才科学者ハンク・ピムは、原子間の距離を縮めるピム粒子を開発。自身は1代目アントマンとして活躍します。
  • 時は過ぎ、ピム粒子をヒドラに流通しようとするダレンの動きを知ったピム博士は、スコットを2代目アントマンと任命して防ごうとします。
  • その過程で、アベンジャーズの基地へアントマンが侵入する機会があり、アントマンはファルコンと対戦。アントマンの存在はアベンジャーズに認識されます。
映画「アントマン」を徹底解説!ネタバレ・MCU作品における伏線もまとめます!

映画「アントマン」は、2015年に公開された、アントマンシリーズの先頭作品になります。公開当初は1作のみの予定だったようですが、大ヒットしたため即2作目の制作が決まりました。また、マーベル・シネマティ ...

続きを見る

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年)

  • アントマンは前作でのファルコンとの縁から、キャプテン・アメリカ側陣営(ソコヴィア協定反対派閥)に召集されます。ホークアイの放つ弓矢に乗ってアイアンマンの機体に入り込むなど、戦力としても活躍します。さらに本作では拡大したジャイアントマンにもなります。
  • キャプテン・アメリカへの加担を理由にラフト刑務所に収容されるものの、もろもろの戦いが終わった後に、キャプテン・アメリカに救出されます。
【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】ネタバレ結末まとめ!あらすじ・登場人物まで徹底解説!

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、2016年に公開された「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作目です。さらに、アメコミヒーローたちが結集するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作 ...

続きを見る

「アベンジャーズ3 インフィニティウォー」、「アベンジャーズ4」

  • アベンジャーズ3では、シヴルウォーでの司法取引により自宅軟禁しており出演はありませんでした。
  • アベンジャーズ4には、ワスプと共に登場することが発表されています。2019年5月に全米公開予定です。

以上がアントマンの動きです。まだMCU作品としては、アベンジャーズと合流し始めたあたりですので、今後の絡みが非常に楽しみですね。

予告編がついに解禁!

アントマン2の予告編1弾目はバトルシーンが盛りだくさん。ついにワスプがお披露目されました。本作のヴィラン「ゴースト」も少しだけ登場しましたね。映画「アントマン2」は、2018年8月31日に日本公開予定です。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開を記念して、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』ほか、マーベル映画を配信していました(現在は配信終了)Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『マイティソー/バトルロイヤル』、『ブラック・パンサー』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-アントマン

Copyright© マーベルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.