MCU アベンジャーズの観る順番・時系列を徹底解説!

マーベルガイド

@MARVEL

【キャプテン・マーベル】あらすじ・結末を徹底考察!日本公開は2019年3月15日決定

更新日:

「キャプテン・マーベル」は2019年3月15日に公開されるマーベルの女性ヒーロー映画です。MCU作品としては21作目にあたります。キャプテン・マーベルは「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」のラストシーンで、ニック・フューリーが通信したマークの人物です。

今作では時系列をかなり遡り、アベンジャーズが誕生する遥か前の1995年を舞台に、キャプテン・マーベルの誕生秘話が描かれます。直後に公開予定の「アベンジャーズ4/エンドゲーム」ではキーパーソンとなると考えられていて、宇宙に取り残されたアイアンマンの橋渡し役として登場するのでは、と予想されています。エンドゲームを楽しむためにも、絶対押さえておきたい作品です。

ここでは、

  • 「キャプテン・マーベル」のあらすじをいち早く解説
  • GotGに登場したロナンとコラスが再登場!?本編に登場する人物・キャストを大紹介
  • MCU作品との繋がりは?詳しい時系列を解説
  • キャプテン・マーベルとはどんな人物!?原作から紐解きます!

を中心に、「キャプテン・マーベル」の劇場公開前に予習したいかた向けに知っておきたいことをまとめます。アベンジャーズとの繋がりについても解説していきます。

「キャプテン・マーベル」あらすじ

映画「キャプテン・マーベル」は2019年3月8日に全米で公開されます。日本公開は1週間遅れの3月15日です。ここではすでにわかっているキャプテン・マーベルのあらすじについて紹介します。時代はMCU第1作目にあたる「アイアンマン」よりも前、1995年に遡ります。

若きニック・フューリーとの出会い

物語はすでにヒーローとしての力に目覚めているキャプテン・マーベルが地球に墜落するところから始まります。そこで、まだ眼帯をしていない目が二つある頃のニック・フューリーと出会い、共にスクラル人の地球侵略を止めることになるのです。フューリーのほか、「アベンジャーズ」でロキに殺されてしまったコールソンも登場します。

キャプテン・マーベルの過去

同時に過去の記憶を失っているキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースの過去にも迫っていきます。クリー人の戦士として育てられ、自らがクリー人であると信じきっていたキャロルですが、実はそのルーツは地球人です。しかしその記憶は一切思い出せません。今回、地球に墜落したことで、記憶の断片から自分のルーツを追い求めることになります。それはスーパーヒーローとしての能力を手にいれたオリジンストーリーを追うことにも繋がるのです。なお原作では、キャプテン・マーベルの能力はクリー人のDNAと融合してしまったことにより得られたものとされています。

スクラルとクリーとの因縁

キャロルはクリー人の戦士としてスクラル帝国と戦っている最中でした。宇宙三大帝国であるスクラル人とクリー人は、特に争いの多い種族です。地球より進んだ化学技術をもつクリー人ですが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で登場したロナンやコラスもその一員です。今作では彼らも再登場します。この2つの国家が、地球を舞台に争うことになります。

インフィニティ・ウォーのラストで登場したあのベル…

キャプテン・マーベルは1995年に地球へ戻ってきて、自身のルーツを探る物語になります。つまり1995年以降はキャプテン・マーベルは自分が地球出身のヒーローだと認識していたことになります。しかしその後アベンジャーズができたり、インフィニティ・ウォーが始まったときに、キャプテン・マーベルがどこにいたのかは不明です。「インフィニティ・ウォー」のラストシーンでフューリーが通信した相手がキャプテン・マーベルなので、物語はそのシーンへ繋がっていくでしょう。

「キャプテン・マーベル」登場人物

キャプテン・マーベルでは過去の時系列が描かれるため、いわゆるアベンジャーズに登場しているメインヒーローたちの多くは登場しません。ただし、すでに登場しているキャラクターたちが過去の姿で再登場します。

キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース

キャプテン・マーベルはクリー人の惑星ハラで暮らし、「スターフォース」の戦士として、スクラル人との戦い中に地球に落下してきた人物として描かれます。キャロルは実は元地球人で、地球への落下およびフューリーとの出会いをきっかけに、自らの出自のなぞを追っていくのです。腕からビームを出したり、宇宙を光速で飛び回ったり、強烈な身体能力を発揮する姿がすでに予告映像で披露されています。さらにインタビューなどから、時を超える能力を有していることも判明しており、「アベンジャーズ4/エンドゲーム」への橋渡しとなるのではと注目されています。演じるのはブリー・ラーソンです。

 マー・ベル/ドクター・ウォールター・ラーソン

クリー人の精鋭部隊「スターフォース」の指揮官かつ科学者で、キャロルを導く存在として登場するのがマー・ベル。原作では初代キャプテン・マーベルでもあり、自らのDNAをキャロルに混ぜることで彼女をヒーローにした人物でもあります。予告映像でも、キャロルは何かしらの電波のような装置を当てられているシーンや点滴されているシーンがあり、マー・ベルによって能力を与えられた可能性は高そうです。演じるのはジュード・ロウです。

ニック・フューリー

MCUを語る上で欠かせないのがニック・フューリーの存在。アベンジャーズ設立の立役者とも言えるフューリーですが、本作ではアイアンマンと出会う前、まだ片目を失う前の状態で登場します。つまり本作はキャプテン・マーベルだけでなく、フューリーにとってもオリジンストーリーとなるのです。今まで背景の不明だったフューリーですが、原作での「冷戦時代のスパイ」という設定が今作では掘り下げられます。今作で宇宙の脅威を知ったことが、フューリーがアベンジャーズ計画へと傾いていくきっかけとなります。

演じるのはシリーズ1作目からずっとフューリーを演じてきたサミュエル・L・ジャクソンですが、70代の彼を当時の若さに見せるためにCG処理が施されて見た目を若返らせられています。

フィル・コールソン

S.H.I.E.L.D.の一員にしてフューリーの片腕的存在、初期アベンジャーズ結束の立役者といえばフィル・コールソン。「アベンジャーズ」でロキに殺害されて以来、スクリーンからはご無沙汰でしたが、時を遡って久しぶりの登場になります。今作ではフューリーとの運命的な出会いが描かれるとか。演じるのはクラーク・グレッグです。

ロナン・ジ・アキューザー

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ではすでにクリー軍とは一線を画し、サノスと手を組んでザンダー星を滅ぼそうとして、インフィニティ・ストーンの力によって飲み込まれてしまったロナン。今作で登場する若かりし頃のロナンは、監督いわくクリー軍と「面白い形」での関わりがある人物として登場します。ロナンがなぜザンダー星を襲うことになったのか、その前日譚も描かれる可能性があります。演じるのはリー・ペイスです。

コラス・ザ・パーサー

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でロナンの部下として登場したクリー人のコラスも、今作に再登場します。演じるのはジャイモン・フンスーです。

スクラル

宇宙三大帝国の1つで、クリー人最大のライバルとされるのがスクラル人。緑色のエイリアン的な見た目をもち、擬態能力を駆使します。中でも今作最大の敵となるのはリーダーのタロス。原作ではスーパースクラルとして強化改造された最強のスクラル人で、今作ではS.H.I.E.L.D.の一員に扮して地球に潜り込んでいます。演じるのは、ベン・メンデルソーンです。

スクラルについて詳しく知りたい方は「【キャプテン・マーベル】スクラルとは?本作のヴィランを丸裸にする!」をご覧ください。

ミン・エルヴァ

クリー出身の遺伝子学者であると同時に、スクラルからのスパイとして登場するのがDr.ミネルバ。タロスの部下として登場しますが、キャプテン・マーベルにも匹敵するパワーの持ち主で、激しい戦いが予想されます。演じるのはジェンマ・チャンです。

他にも、下記人物がが登場予定です。

◆幼少時代のキャロル・ダンバーズ
演じるのはマッケナ・グレイス。

◆ジョセフ・ダンヴァース
キャロルの父。演じるのはケネス・ミッチェル。

◆マリー・ダンヴァース
キャロルの母。

◆スティーブ・ダンヴァース
キャロルの兄。演じるのはコリン・フォード。

◆マリア・ランボー
アメリカ空軍で活躍する、キャロルの友人パイロット。演じるのはラッシャーナ・リンチ。

【キャプテン・マーベル】キャスト・吹き替え声優まとめ!過去作や評判は?

2019年3月15日に公開予定のマーベル初女性ヒーロー映画「キャプテン・マーベル」。主演にブリー・ラーソンが抜擢されており、かなり鍛え上げている様子などがSNSでも話題になっています。また、周囲を固め ...

続きを見る

もっと詳しく知りたい「キャプテン・マーベル」原作・小ネタ集

ここでは「キャプテン・マーベル」をより一層楽しむために、予習しておきたい小ネタを紹介します。

キャプテン・マーベルってどんなヒーロー?

キャプテン・マーベルは原作コミックでもかなり昔から登場している古株のヒーローです。原作では初代はクリーの戦士であるマー・ヴェル大尉で、2代目をNASAの職員であったキャロルが務めることになります。キャロルはただの地球人でしたが、マー・ヴェルのDNAと融合してしまったことで、超人能力に目覚めるようになり、ミズ・マーベルというヒーローになります。初代の死をもって、名前を継承するのです。映画では、マー・ヴェル大尉はクリー軍の指揮官として登場しキャロルを導く役割を担うとされますが、原作から予想すると、地球からキャロルを引き抜き力を与えたのも、マー・ヴェル本人の可能性が高いでしょう。

キャプテン・マーベルはこれまでのMCU世界のパワーバランスを崩してしまうほどのずば抜けた能力を有しているとされています。「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」で全く歯が立たなかったサノスさえも凌駕するのではとされており、「アベンジャーズ4/エンドゲーム」での活躍が期待されます。ちなみに、原作では初代キャプテン・マーベルがサノスと戦った実績を持っています。

キャプテン・マーベル時系列

「キャプテン・マーベル」では1995年の出来事が描かれます。MCU作品上の時系列を見ると、最も古いのが、第二次世界大戦の頃を描く「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」、その次が「キャプテン・マーベル」、その後に「アイアンマン」から始まる他のMCU作品が続くことになります。ちなみに、冷戦期にはキャプテン・アメリカは冷凍保存されているので地上には存在しません。

つまりキャプテン・マーベルが地球にたどり着き、フューリーとの邂逅を経て自らの出自について思い出したとき、他のヒーローたちはまだ誕生すらしていなかったということになります。さらに、地球がロキやウルトロン、最近だとサノスの危機にさらされたとき、キャプテン・マーベルはどこかに存在していたことに。このあたりは今作で明らかになりますが、ポイントとなるのはすでにわかっているキャプテン・マーベルの時空移動能力にありそうです。

DCコミックにもキャプテン・マーベルが存在?!

何かとマーベルと比べられがちなDCコミック。こちらにも実はキャプテン・マーベルというヒーローが登場します。DCコミックのキャプテン・マーベルは男性で、マーベルコミックが商標登録した際に名前をシャザムへと変更しています。シャザムも2019年4月に単独映画の公開が決まっています。

脚本家が途中で変更になっていた!

実は最初に脚本を担当したのは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のニコール・パールマンと「インサイド・ヘッド」のメグ・レフォーヴの2人でした。しかし「ブラックパンサー」や「アントマン&ワスプ」が後から構想されたことによる「キャプテン・マーベル」自体の製作時期が後ろにずれこんでしまったこともあり、2人は順次担当を外れています。現在はジェネヴァ・ロバートソン=ドゥウォレットが担当していますが、ゼロから作り上げたわけではなく、前任のものを基本的には踏襲しています。

また、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でクリー人が登場したこともあり、ジェームズ・ガン監督が一部脚本にアイディアを提供しています。

「落雷の直撃を受けた女性患者」はキャプテン・マーベルのことかも?

「ドクター・ストレンジ」の作中でストレンジに寄せられた患者の話として、落雷の直撃を受けた女性患者の話題が出てきました。実はマーベル原作では落雷が原因でスーパーパワーを身につけたヒーローに、ミス・アメリカがいます。この設定が、キャプテン・マーベルにも転用されるのではと予想されています。

チタウリも正史ではスクラル人にあたる!

「アベンジャーズ」でニューヨークの街を襲った異星人チタウリ。実は彼らも正史ではスクラル人にあたります。「アベンジャーズ」のほうが「キャプテン・マーベル」よりも時系列的には未来に当たるので、キャプテン・マーベル時点でチタウリたちは地球の存在を知っていた可能性もあります。

 

まとめ

「キャプテン・マーベル」は「アベンジャーズ4/エンドゲーム」に直接つながる重要な話であり、彼女がサノス打開のキーパーソンなだけに、注目を集めています。公開前に重要ポイントをおさえておきましょう。

  • 描かれるのは1995年。他のヒーローが登場する前、アベンジャーズが結成される前です。地球で最も早く現れたヒーローであるキャプテン・マーベルが、その後の地球での騒動に一切登場していなかった理由も、本作で明かされるでしょう。
  • 過去MCUに登場したメンバーの再登場にも注目。アベンジャーズ結成を決意するに至る若かりし頃のニック・フューリーと、彼と運命的な出会いをするコールソン、GotGにてサノスと組んでいたクリー人ロナンとコラスが登場します。
  • 本作のメインテーマは「キャプテン・マーベルの誕生秘話」、そして「ニック・フューリーのオリジンストーリー」です。この2人の出会いが「アベンジャーズ4/エンドゲーム」での切り札になってくるので、しっかりおさえておきましょう。

「キャプテン・マーベル」の日本公開は2019年3月15日です。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アントマン&ワスプ』公開を記念して、『マイティソー/バトルロイヤル』ほか、マーベル映画を配信しています。Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『インフィニティウォー』、『アントマン&ワスプ』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-キャプテン・マーベル

Copyright© マーベルガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.