MCU 映画マーベル作品の最新時系列・ネタバレを徹底解説!

マーベルガイド

【ドクター・ストレンジ】ネタバレ結末まとめ!あらすじから重要人物まで徹底解説!

更新日:

「ドクター・ストレンジ」は2014年に公開された、ストレンジ初の作品です。またマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の14作目にあたります。直前の作品は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、直後は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」です。

ドクター・ストレンジが初登場する本作は、MCU世界に魔術を持ち込んだ重要な作品になります。既存のアベンジャーズ面々との絡みはほぼないですが、今後インフィニティ・ウォーでの共闘へ向けて少しずつ交錯していきます。さらに重要アイテムであるタイム・ストーン=アガモットの目が出てくることもあり、見逃せません。

ここでは「ドクター・ストレンジ」独自の世界観に基づくオリジナル用語を詳しくまとめていきます。映画を見ただけではわかりにくい部分を中心に解説するので、この記事を読めば「ドクター・ストレンジ」を隅から隅まで楽しめます。

参考 ドクターストレンジ視聴したい方は「ドクターストレンジ(吹替・字幕)視聴できる動画配信サービスまとめ」をご覧ください。

スポンサーリンク

「ドクター・ストレンジ」あらすじを丁寧に解説

それでは「ドクター・ストレンジ」のあらすじをご紹介します。物語はカエシリウスの一味が「カリオストロの書」の暗黒次元に関する部分を破って逃げ去るところから始まります。

天才医師の凋落、魔術との出会い

天才医師ストレンジは、ある日運転中の事故(当て逃げ)で両手麻痺の状態に陥ります。富も名声も失い絶望したストレンジですが、リハビリ中に下半身不随から回復した人物パングボーンの話を聞きます。

彼の助言でカマー・タージを訪れたストレンジは、エンシェント・ワンと出会います。魂の力で治ると言われ信じられないストレンジは暴言を吐くも、体から魂が抜け出るアストラル体の経験を経て魔術の存在を信じます。

弟子入りを願うも断られたストレンジですが、モルドの説得で許可されます。ストレンジは鍛錬を繰り返す中で、驚異の能力を発揮していきます。

アガモットの目登場。ストレンジは時間を操れるように

ストレンジは書庫で「カリオストロの書」を見つけます。ウォンに尋ねますが禁忌だと止められ、裏切り者カエシリウスのことを聞きます。ウォンの目をかいくぐりストレンジは「アガモットの目」を起動、時間を操る術を使ってしまいます。失われたページの内容(ドルマムゥ)を把握したところで、ウォンやモルドに止められます。

自然の摂理に反することは次元間の繋がりを危うくし、暗黒次元の支配者ドルマムゥを呼び寄せ、地球を危険にさらすことになると怒られます。他次元からの侵略を防ぐための基地サンクタムが、NY・香港・ロンドンの3つあることも知らされます。

そのとき、ドルマムゥの儀式を終えたカエシリウスが乗り込んできました。ストレンジは魔術戦争へと巻き込まれていきます。

VSカエシリウス戦!魔術バトルと霊体バトル

NYのサンクタムでカエシリウスと対峙したストレンジは、魔術を駆使し戦います。浮遊マントの手助けもあり、カエシリウスの捕縛に成功します。カエシリウスの目的は永遠を手に入れること。暗黒次元には時間の概念がないので、一体化することでそれを達成したいと彼は語ります。

隙をつかれたストレンジは、マントの助けをうけながら命からがらクリスティーンの元へ逃げ出します。アストラル体になったストレンジの指示を受けつつ、クリスティーンはストレンジを手術し助けます。

エンシェント・ワンの死

NYのサンクタムに戻ったストレンジはモルドとワンを前に、ワンが暗黒次元の力で若さを保っていると語ります。ワンははぐらかしますが、ストレンジは彼女を怪しみます。

カエシリウスを現実に影響を与えないミラー次元へと送り込み、ストレンジとモルドはカエシリウスと激突。ワンも加勢しますが、戦いに敗れ高所から落ちたワンは命を引き取ります。最後の言葉としてストレンジに「人のために生きよ」と伝えます。

ドルマムゥとの決着!

ストレンジとモルドが香港に降り立つと、すでにサンクタムは破壊されておりドルマムゥが現れ始めていました。そこでストレンジはアガモットの目を使い、時間を戻しはじめます。

ストレンジは自ら暗黒次元へ飛び込み、直接ドルマムゥと対峙。ドルマムゥは何度もストレンジを殺しますが、その度アガモットの目の力で復活するストレンジ。永遠の繰り返しに耐えられなくなったドルマムゥは「ゼロッツとともに地球から手を引け」というストレンジの取引を受け入れ、カエシリウスらとともに暗黒次元へと消えていきました。

ストレンジはアガモットの目で自らの手も治療することができました。しかしあえて、治しませんでした。これは、ワンやクリスティーンの言葉に影響されているものとみることができます。震える手にはストレンジのシンボルである黄色い手袋をつけるようになります。

「ドクターストレンジ」では2つのラストシーンが登場

終章1:ソーとロキがオーディンを探しに訪問〜ソー3への伏線

オーディンを探しにきたソーが、ストレンジの元を訪れている様子が流れます。手にしたビールは、ストレンジの力で飲んでも飲んでも減らない仕様です。オーディンを探すために手を貸すと述べるストレンジ。このシーンはそのまま「マイティ・ソー3/バトルロイヤル」のワンシーンとして登場します。

終章2:魔術師を消しはじめるモルド〜続編への伏線

モルドはパングボーンの元を訪れ、彼から魔術を奪います。ワンが暗黒次元の力を使っていたことやストレンジの時間遡行など、自然の摂理への裏切りを許せなかったモルド。魔法使いが多いことが世界にとって間違っていると判断し、世の魔法使いを消しはじめました。これは未だ発表されていない「ドクター・ストレンジ」続編への伏線だと考えられます。

「ドクター・ストレンジ」登場人物まとめ

それでは本作の主要人物をまとめます。

ドクター・ストレンジ/スティーブン・ストレンジ

天才医師でしたが、交通事故で両手麻痺になり、医師としての道を閉ざされました。両手を治すべく、ワンに師事を仰ぎ、魔術師として驚異的な勢いで力を発揮していきます。アガモットの目(タイム・ストーン)を使うことで、時間を自在に操ることができます。

ワンとの出会いや修行を経て、傲慢な性格も改善され、人のために生きようとし始めています。

エンシェント・ワン

ケルト人で至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)。年齢不詳で何年生きているかは不明ですが、時間の概念のない暗黒次元の力を使うことで生きていることが判明します。暗黒次元から力を得ているとき、額に赤い紋章が浮き出ます。正義の心を持っており、人類を脅かす者と戦ってきました。

ウォン

カマー・タージの書庫の番人で、魔術師。知恵のある誠実な男で、原作ではストレンジの従者として活躍しています。

バロン・モルド

ストレンジの兄弟子。ワンに忠実に生きてきましたが、自然の摂理を乱す術への危惧感は相当に強く、ワンが暗黒次元の力を使っていたことに嫌悪感を示します。本作ではストレンジと共闘し地球の危機を救いましたが、魔術師の多さに危機感を抱いた彼は独自に魔術師を淘汰し始めます。

クリスティーン・パーマー

ストレンジの元恋人で救命救急医。ストレンジが唯一心を開いていた女性で、事故のあとも甲斐甲斐しく看病してくれていました。ストレンジの暴言で立ち去っていましたが、ストレンジがストロング・ゼロッツに致命傷を負わされたとき、治療にあたることで再会しました。

◆ニコデマス・ニック・ウエスト

ストレンジがバカにしていた同僚医師で、ストレンジの手の手術をした人物。

◆ジョナサン・パングボーン

 かつて下半身不随を魔術の力で乗り越えた男。ストレンジにカマー・タージの居場所を教えました。のちにモルドに能力を奪われます。

◆ダニエル・ドラマ

NYのサンクタムのマスター。カエシリウスに殺害されてしまいます。

◆マスターハミア

片手がない老人。ストレンジが最初にワンと間違った人物です。

ここからはヴィランを紹介

カエシリウス

闇の魔術に心を囚われた魔術師。かつてはワンの元で修行を積んでいました。死を超越することを目的とし、時の概念のない暗黒次元へと世界を導こうとしています。幾度となくストレンジの前に立ちはだかりましたが、結果的にドルマムゥとともに暗黒次元へと消えていきました。

ストロング・ゼロッツ/ルシアン

カエシリウスが率いる闇の魔術集団「ゼロッツ」の一員。NYのサンクタムにてストレンジに致命傷を負わせました。病院でストレンジとアストラル体で戦い、死亡。

ドルマムゥ

時間の概念のない暗黒次元の支配者。過去に始祖アガモットにより地球征服を阻止されていましたが、カエシリウスと契約を交わし再び地球を狙っています。

能力・アイテム

本作には独自の用語が多く、分かりにくい点も多々存在します。ここでは分かりにくい部分に絞って、能力やアイテムについて解説します。

アガモットの目 

時空を操る力を持つインフィニティ・ストーン「タイム・ストーン」を内部に収めたアイテム。初代アガモットが生成されたモノとされており、カマー・タージの書庫に収められていました。目の形をしており、目が開いたときに時間を操る力が作動します。アベンジャーズ3では未来を読む力があることも明らかになりました。

浮遊マント(ケープ)

自らの意思を持つ赤いマント。まとうことで宙を舞うことが可能ですが、気まぐれのマントなので気に入った人にしか触らせてくれません。なぜかストレンジは好かれました。頭が良く、ストレンジに的確な助言をすることもしばしばです。

エルドリッチ・ライト

異次元のエネルギーを引き出すことで作られるパワーのこと。魔術師が術を放つ時に出す、魔法陣のような光のことです。この光から魔法円を作り出して、武器や防具として戦うことができます。

レリック

古代より伝わっている魔力を秘めたアイテムのこと。多数存在するアイテムを管理するのもワンの弟子たち(マスターズ・オブ・ミスティック・アーツ)の任務の一つです。

スリング・リング 2つの輪がついた指輪。指輪をはめた状態で行きたい場所を想像しながら縁を描くことで、時空間に光のゲートウェイを作ることができます。多元宇宙に移動することが可能ですが、魔術師以外が同行する場合には条件があります。(ソーが移動するときは、ソーの髪の毛が必要でした/マイティ・ソー3より)
サイトラックのクリムゾン・バンド 3000年前にバビロンで作られた拘束具。今作ではカエシリウスを捕縛するためにストレンジが使用しました。
リビング・トリビュナールの杖 鞭のように変化する棒。魔術師たちが武器として用います。他にもワトゥームの杖など、杖状の武器は複数存在します。
ヴァルトのブーツ 履くと空をも飛ぶことができる靴。モルドが履いていました。

瞬間的記憶能力(フォトグラフィックメモリー)

ストレンジが昔から持っている特技。読んだ本の内容を一目見ただけで覚えることができます。魔術書の内容もすぐに覚えられるので、呪文を覚えるのがとても早いのが特徴です。

多元宇宙について

私たちが住む宇宙とは異なる次元の宇宙がたくさん存在しているということ。地球の物理法則は通用せず、魔術をマスターしたものにだけアクセスすることができます。

アストラル次元 現実と密接につながっている異次元。魔術師は精神体=アストラル体を肉体から切り離すことで、この次元で行動することができます。いわゆる幽体離脱したときの世界のことで、物理法則は無視されます。
ミラー次元 現実を反映していますが、鏡写しのような真反対の世界で、現実には影響を与えません。暗黒エネルギーで成り立っており、この世界は闇の力で操ることが可能です。空間や物質を折り曲げることができます。
暗黒次元 時間や生死、倫理といった人間の概念を全て超越した異次元。邪悪な存在ドル・マムゥによって支配された闇の世界です。
夢次元 人々を悪夢に連れ込むヴィラン「ナイトメア」が支配する次元。続編で登場するといわれています。(ちなみにナイトメアはコミック最古のヴィラン)

原作との違いについて

「ドクター・ストレンジ」は原作コミックとの違いが結構あります。ここでは原作でのストレンジの設定など小ネタを中心にまとめます。

コミックのデビューについて

「ドクター・ストレンジ」のコミックデビューはかなり前で、1963年の怪奇コミック誌「ストレンジ・テイルズ」110号でした。当時のマーベルは1年前にスパイダーマンを生み出していた黄金期で、この後数年の間にアベンジャーズやX-MENなどのヒーローが生まれていきます。

モルドはストレンジ最大のヴィラン

映画では共闘したモルドですが、原作ではストレンジの最大のヴィランです。トランシルヴァニア人で容姿もかなり異なるものでした。さらに原作では、映画のカエシリウスと同じ役割を持っています(原作のカエシリウスはモルドの弟子にあたります)

モルドが1作目でヴィランとしなかったのには、制作側の思い入れがあったようです。MCUのヴィランといえばロキが深みのあるキャラとして完成度が高いですが、制作サイドはモルドもロキのような深みのあるヴィランに仕上げていきたいと意気込んでいるようです。

エンシェント・ワンも原作とは全く違う人物!

映画では若さを保つ年齢不詳の女性であったエンシェント・ワン。実は原作では、長いあご髭を持つアジア系の老人男性。映画では闇の魔術をこっそり使っていたのはワンでしたが、原作ではモルドが使っていました。メインキャラクターは原作を踏襲しつつも、設定は結構変わっています。

クリスティーン・パーマーの元は「ナイト・ナース」

ストレンジの同僚かつ元恋人のクリスティーン・パーマーは、原作にはいないキャラクター。元になったのは、看護師としてスーパーヒーローの治療に当たる「ナイト・ナース」という3人の看護師です。

ちなみにナイト・ナースの設定は「デアデビル」などにも使われています。

ドクター・ニックの原作での役柄とは?

映画では、患者の症状の判断も間違え、ストレンジの手術も中途半端というダメ医師の形で登場したニック。原作でもストレンジの手術には失敗しますが、彼の両腕を奪ってしまったことを後悔してカマー・タージに向かい、魔術の修行を開始して他者を癒し回復させる能力を手に入れます。

現地で傷付いた少女を救ったことで修行をやめてNYに帰り、その後ある患者を救うことに失敗したことで魔術を封印します。原作のニックはストレンジとも対立してしまう場面もあるので、映画の続編で対立する可能性もあります。

MCUの世界観を広げた挑戦的作品!「ドクターストレンジ」まとめ

本作では初めてMCU世界に魔術が取り入れられ、MCUの表現力が格段に上がりました。ドクター・ストレンジ、これまでのヒーローたちに比べるとチート感の強いヒーローで、他のヒーローでは歯が立たない感じもします。今後アベンジャーズと共闘していくのが楽しみです。最後にMCU作品として押さえておきたい重要なポイントをまとめます。

  • 「マイティ・ソー3/バトルロイヤル」への伏線
    エンドシーンでソーとストレンジが話すシーンが現れました。これはマイティ・ソー3の中でそのままシーンとして出てきます。「ダークワールド」でロキがオーディンに扮したことが「バトルロイヤル」冒頭で発覚し、オーディンを2人が地球に探しにきます。ストレンジは今回の件があって地球を脅威から守るために尽くしていたようで、過去地球で暴れたロキを早々に追い出したく、ソーたちとの接触を図ります。
  • 「キャプテン・マーベル」への伏線か
    ストレンジが交通事故にあったとき、送られてきた患者の情報を覚えていますか。落雷の直撃を受けた女性です。この設定、原作では「ミス・アメリカ」というヒーローの設定に合致します。この設定が2019年公開予定の「キャプテン・マーベル」に転用されるのではと考えられています。
  • 「ドクター・ストレンジ続編」への伏線
    続編は未確定なものの、製作陣からは構想が語られています。続編では夢次元の主であるナイトメアがヴィラン。人々を悪夢へと誘うヴィランとの戦いになりそうです。さらに、今作最後で独自に魔術師たちを減らしていく発言をしたモルドも、ストレンジの前に立ちはだかりそうな予感です。

次回のドクター・ストレンジの出演作は「マイティ・ソー3/バトルロイヤル」になります。ここではオーディンの場所までソーとロキを送り届ける役割に止まります。

ストレンジが次に活躍するのは「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」です。サノスが狙うタイム・ストーンを持っていることもあり、重要人物の1人として登場します。サノスの圧倒的な力の前でもたった一つの勝利の道を見出すことになるストレンジ。インフィニティ・ウォーでの彼の活躍にも注目です。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開を記念して、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』ほか、マーベル映画を配信していました(現在は配信終了)Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『マイティソー/バトルロイヤル』、『ブラック・パンサー』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-ドクターストレンジ

Copyright© マーベルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.