MCU アベンジャーズの観る順番・時系列を徹底解説!

マーベルガイド

映画『ドクター・ストレンジ2/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』最新情報を徹底追跡

投稿日:2019年6月25日 更新日:

「ドクター・ストレンジ/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は、2021年5月7日に全米公開される、ドクター・ストレンジ作品第二弾です。2016年に公開(日本では2017年)された「ドクター・ストレンジ」の続編で、MCUシリーズではフェーズ4の作品群の1つ。直前2月「シャンチー」が公開された直後になります。

アベンジャーズとの関わりも強かった、ドクター・ストレンジ=スティーブン・ストレンジが、今作ではどんな描かれ方となるのか?に注目が集まるとことですが、現在わかっている情報ではホラー作品であり、PG-13作品の可能性があるということだけ。

ただ、サブタイトルに「マルチバース」とあることにご注目です。「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で期待されていたマルチバースの存在が虚構でしたが、今作の“マルチバース”はストレンジワールドになくてはならないキーワードですから、その世界観に期待したいところです。

監督は前作での抜てきに引き続き、スコット・デリクソンということは確定。もちろん主演のベネディクト・カンバーバッチの続投も確定、というか当然です。またアベンジャーズのメンバーであるスカーレットウィッチも登場=エリザベス・オルセンも出演します。

また、今作のヴィランは原作での宿敵ナイトメアであること、また前作のヴィラン、ドルマムゥの姪っ子である魔女クレアの登場も囁かれています。そしてかねてから、前作では同志だったはずの兄弟子バロン・モルドが、ラストで違う道を歩むこととなったことで、今作でも彼との対立があるのでは?との噂もありますよね。

本作のポイント

  • フェーズ4の作品。公開は2021年。
  • ドラマ版「ワンダー&ヴィジョン」と直接つながるエピソード
  • 原作でお馴染みのキャラクターも続々登場

などなど、まだ謎に包まれている本作ではありますが、いろんな角度でご紹介していきます。本サイトでは、最新情報をチェックして、信ぴょう性の高い情報を厳選して、まとめます。

 

「ドクター・ストレンジ/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」公開は2021年5月!

MCUのフェーズ4と言われる段階で、ドクター・ストレンジの2作目となる今作は、2021年5月公開予定とされています。

あらすじは…?

前作では、天才外科医のスティーブン・ストレンジがカーマ・タージの至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)であるエンシェント・ワンに弟子入りして、世界を救う魔術師となるまでが描かれました。エンシェント・ワンの元弟子カエシリウス率いるゼロッツとともに出現した暗黒次元ダークディメンションのエネルギー体ダークディメンションを、アガモットの目=タイムストーンを使って駆逐。命を落としたエンシェント・ワンから、そのアガモットの目を完全に受け継ぎ、時間を操る術を身につけました。

その後マイティ・ソーの父オーディンソンを匿ったり、アベンジャーズがサノスと戦う際に登場するなどし、地球を守る”業務”に勤しんでいたことは過去MCU作品ではお分かりの通りです。

兄弟子だったバロン・モルドは?

1作目では、両手の神経を失ってしまった外科医スティーブン・ストレンジが、たどり着いたチベットのカーマ・タージで、スティーブンを魔術習得に辿り着けるようメンター的役割として存在していたのが、バロン・モルドでした。彼は自然の調和を保つことを大事にしており、それゆえに頑固な一面も持っていました。それが裏目に出て、闇の力を使って不老不死を得ていた師匠エンシェント・ワンに絶望。一転、魔術への懐疑的な姿勢を見せカーマ・タージから姿を消します。

モルドはラストで、スティーブンがドクター・ストレンジになるきっかけとなった存在、魔術で下半身付随を克服したジョナサン・パングボーンの元を訪れパングボーンを再び下半身付随に戻してしまいます。そして「魔術師が多すぎる」とつぶやいていました。原作では東欧トランシルバニア出身のモルド男爵で、ヴィラン扱いの彼です。おそらくドクター・ストレンジの前に再び出てこないわけはいかなさそうです。

「ワンダ&ヴィジョン」に繋がる物語

MCUシリーズは今後、映画だけでなくドラマとの繋がりも密接になるとのこと。今作公開時期には、ドラマ「ワンダ&ヴィジョン」が配信されることにもなっており、今作はその作品と地続きになるストーリーになっていることがわかっています。そこでワンダ=スカレート・ウィッチが今作にも登場することになっています。

ドクター・ストレンジの魔術の世界には欠かせない存在「魔法使い」といえば、ワンダは魔女の系譜を持つ能力者です。かつ、原作でも魔女のパワーを習得しており、その際にトラブルに見舞われドクター・ストレンジに助けられています。

登場人物

今作での登場が期待される面々を、わかる範囲で紹介です!

ドクター・ストレンジ/スティーブン・ストレンジ

元々は天才外科医でしたが、その傲慢な性格も災いしたのか?学会に向かう途中に、自身の車のスピードを落とせず、事故で両手両指の神経を損傷してしまいました。外科医として復帰するための治療法を探した末に、西洋医学でない方法を求め、チベットのカーマタージを訪れました。そこで、エンシェント・ワンと出会い、外科医としての復活でなく、魔術師としての能力を開花させました。

元々その頭脳は外科医だけあって、多くの戦略的な作戦でヴィランをやり込めることには長けています。でも、その心はピュア。前作では元カノだったクリスティーンのキッツイ一言に涙しちゃったりもします。でも、そこには味方のマントが涙を拭ってくれるから平気!んなわけないか。性格はまっすぐ、やると決めたことへの遂行力は半端なく、原作でもディフェンダーズなどの集合体をまとめるなどリーダーシップを発揮できるタイプなんです。

ウォン

カーマ・タージを守り、魔術書が眠る書庫の番人。前作では、ドクター・ストレンジとともに、カエシリウス&ドルマムゥと戦い、その後に彼にニューヨーク・サンクタムの主となることを推奨しました。いっつも仏頂面ですが、ドクター・ストレンジとの絡みでは割とコミカルであり、瞬く間に魔術師としての力を蓄えていく彼を、信頼していく様子が色濃く描かれていました。

そのために、前作以降、アベンジャーズ作品にも登場しており、ドクター・ストレンジの演出には欠かせない存在のようです。また、書物に詳しいこともあって、インフィニティストーンの知識はずば抜けていました。マルチバースという存在も含め、MCUの新たな世界観を語るには、欠かせない一人なのかもしれませんね。

バロン・モルド

ドクター・ストレンジが、エンシェント・ワンに弟子入りするきっかけを作った「兄弟子」。格闘技にも長けていながら、魔術の扱いにも長けているために、弟子の中でも筆頭の実力者でした。しかし、信じていたエンシェント・ワンが闇の力を利用していたことを知って、殺そうと心を決めてしまいます。そして現存するパワーバランスを尊重するあまり、魔術の力が広がってしまうことも許せませんでした。ドクター・ストレンジとともにドルマムゥと戦った前作で姿を消した後、どのように登場するのか?期待です。

原作では実は、トランシルバニアの貴族出身なので、「モルド男爵」と呼ばれています。本名は、バロン・カール・アマデウス・モールドですって、長っ!彼自身の生い立ちは原作ではかなり複雑で、悪意ある祖父の導きによって世界最強の魔術を習得しエンシェント・ワンを亡き者にするように送り込まれていました。エンシェント・ワンはその事情もわかった上で、改心させようと手元に置いていました。しかし、そこに登場したのがドクター・ストレンジであったことで彼を追い抜き、対立関係になってしまったのでした。

スカーレット・ウィッチ/ワンダ

MCU最強の魔女であるワンダが、登場します。ワンダは、MCU初登場は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でした。東欧の都市ソコヴィア生まれで双子の姉で、弟はピーター・マキシモフ(同作中に死亡)です。彼女は、ヒドラの人体実験によって、マインドストーンの影響を受けて能力を授かっています。原作では魔女のヘックス・パワーを操り、かつ父親はマグニートー(X-MEN)。

前後して配信されるドラマ「ワンダ&ヴィジョン」では、インフィニティウォーで死んだはずの恋人ヴィジョンとの関係も描かれるため、今作でも何らかの関連性が演出として期待されます。

クレア

原作ではドクター・ストレンジの弟子であり、かつ恋人といった存在です。今回のヒロインになる可能性は大です。でも、クレアがヒロインになる場合、元カノのクリスティーン・パーマーは…出ないのだろうか?

元々は敵で、母親のウマールは、前作のヴィラン、ドルマムゥの妹です。ていうかまず、あのヒトキャラとは程遠いドルマムゥに、兄弟がいるなんて!という驚きもありますね。そういうの、想像できないけど。クレアはその系譜からわかる通りめちゃ強い。カオスディメンションの女王であり、その能力は、ソーサラー・スプリームとなったドクター・ストレンジをもしのぎます。

今回のヴィランはナイトメア?

1作目の脚本を手がけたC・ロバート・カーギルが「次作ヴィランはナイトメアというキャラクター」と語っているのことで、ある程度確定情報として流布しているようです。

ナイトメアは、原作コミックにおいて、1963年「ストレンジテイルズ#110」で初登場のヴィラン。かつ、ドクターストレンジの最大の敵の1人として知られているキャラクターです。ナイトメアは、夢の世界を支配して眠っている人々を悪夢に引き込もうとする能力を持っています。本来なら1作目で登場する予定だったそうです。

前作でのヴィランは、カエシリウス率いるゼロッツと、ドルマムゥでした。ナイトメアは予定されていたのですけど、制作の都合で断念だったそう。となれば、まあ今作で出るしかないのでしょうか。と、そんな”消極的な”起用ばっかりなのもつまらないのですが、ドクター・ストレンジがマルチバースを把握できる存在なのであれば、夢という世界に出入りが自由なナイトメアは、彼の力の及ばないエリアで力を発揮し、強敵となるには十分と言えるでしょうね。

【ドクター・ストレンジ2】ヴィランのナイトメアとは?原作から紐解く

候補にはこんなキャラクターも

ドクター・ストレンジがメインとなる原作でのヴィランは、前作のドルマムゥや、同じ異次元エネルギー体シュマゴラスなどが挙げられています。他には、アベンジャーズ最強の敵サノスの恋い焦がれる存在デスの名もあります。前作でエンシェント・ワンに楯突いていたカエシリウスは、原作では雑魚キャラだったことを考えると、人間ぽいキャラはあくまできっかけに過ぎないのかも?なんて思っちゃいますね。

ちなみに、映画と原作でまだ立ち位置が一致しきれていないバロン・モルドは今後「ロキ的存在になる」と噂されています。ロキといえば、マイティ・ソーの義理の弟で、不死の種族ヨトゥンの血を引く神々の敵である氷のヨトゥンヘルムの王子。こじらせ感満載の存在ですが、ヒーローともヴィランともつかない、でも見る人の共感を誘わずにいられない愛されるキャラです。えー?本当に?そうなってくれれば、また楽しみですけどね。

MCUシリーズにおけるドクター・ストレンジの時系列

ドクター・ストレンジの存在は、前作だけでなく、過去のMCU作品でもむちゃくちゃ大きな影響を及ぼしていましたよね。フェーズ4を見る上でも、過去がどうだったのか、おさらいしておきましょっか!

出演作品

  1. アベンジャーズ
  2. マイティソーバトルロイヤル
  3. ドクター・ストレンジ
  4. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  5. アベンジャーズ/エンドゲーム

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ

前述の通り、外科医スティーブン・ストレンジが魔術師ドクター・ストレンジとなるストーリーです。作品の最後には、マイティ・ソーが来客として、サンクタムを訪問します。飲み干すビールを、アガモットの目を使ってあっという間に継ぎ足すという”神業”を披露しました。そしてソーに「ロキ以外の脅威があるか」と尋ねました。代わりに、ソーの父オーディンソンの行方を突き止めたのは、後の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」で明らかになっています。

インフィニティ・ウォー&エンドゲーム

インフィニティ・ウォー&エンドゲーム

ハルクがサノスとの戦いに敗れニューヨークのサンクタムに墜落し、ドクター・ストレンジが合流しました。そしてドクター・ストレンジが、サノスの狙うインフィニティ・ストーンの1つを持つため、突如サノスチルドレンに襲われることになります。タイムストーンの力を使って、サノスへの勝算を計算し1400万605通りの1の勝ちパターンを見つけたのは彼でした。ともにタイタンでサノスと対峙したアイアンマンとは、意地を張りあっていたのが印象的ですね。

ドクター・ストレンジは、サノスの指パッチンで消滅していました。しかし、生き残ったアベンジャーズによって無事復活しました。それは、彼が見た1400万超の中で見出した、たった1つの勝利。しかも復活できたと同時に、サノスが襲来。アイアンマンから「これがその勝利か?」と尋ねられながら「それを言うと勝てない」と言いながら戦い、最終的にはサノスを打倒することに成功します。

また、インフィニティ・ストーンを回収しに過去にハルクが向かった際には、2012年のニューヨークでアベンジャーズの活動の裏で、エンシェント・ワンが、別次元から襲来する敵から地球を守っていました。この時には当然、ドクター・ストレンジはいないのですが、ここでアガモットの目を守り続けたエンシェント・ワンが、ハルクと出会っています。

まとめ

  • ついにマルチバースの次元で戦う。MCU初ホラーテイスト作品
  • スカーレット・ウィッチ参戦!魔術の世界で共闘か?
  • 宿敵ナイトメアや、前作からのバロン・モルドとの関わりにも注目。

いかがでしたか?単体作品だけでなく、MCU他作品の中でのドクター・ストレンジ作品の立ち位置も見ていけば、他の作品もより楽しめることは間違いなさそうです!

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画がすべて見放題【Disney DELUXE】

【MCUシリーズが見放題】これまでは課金が必要でしたが、公式の動画配信サービスの登場したことで見放題でみることができます。一部みれない作品もあるので詳しくは公式ページをご覧ください。今なら31日間無料トライアル付き。支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るなら【U-NEXT】

最新作をいち早く見たい方はこちらがオススメ。11月20日から『スパイダーマン:ファーフロムホーム』を最速でお届けします。有料作品に使える600円分のポイントが登録直後から利用できます。ディズニーデラックスでみれない作品もすべて揃っています。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • アベンジャーズエンドゲーム
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • インフィニティウォー
  • キャプテンマーベル

シリーズをお得に観たいなら【TSUTAYA】

会員登録してすぐに使えるポイントが最も多くて、月額933円で、1000円分のポイントがもらえます。最新作のレンタルも業界最速で配信しています。【ファーフロムホーム】いち早く先行配信を開始しており、他ではみれない特典映像付き。UNEXTよりも早い11月6日から配信スタート(セル盤です)

-ドクターストレンジ
-

Copyright© マーベルガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.