MCU アベンジャーズの観る順番・時系列を徹底解説!

マーベルガイド

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3】2022年公開予定。続編の最新情報をお届け

投稿日:2019年7月9日 更新日:

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」は、2017年に公開された「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に続くGotGシリーズ3作目で、シリーズにも区切りがつくと言われています。MCUシリーズではフェーズ4の作品であり、2020年に製作開始予定と報じられ、公開予定は2022年との見方です。

ジェームズ・ガン監督の不適切ツイート騒動の煽りを食らってしまったことで、2018年あたりにすでに出来上がっていた脚本も、作品の順番が変わるため、内容も若干ではあるけれど変わるようです。

さて、その気になるエピソードは、サノスのインフィニティストーン収集の際にソウルストーンの身代わりで死亡したガモーラを、エンドゲームラストで、ピーター・クイルたちが探そうとしている様子が見えていたあたりでしょうか。また、その際に同乗していたのはポッチャリなオッサンに成り下がってしまったブロー(=ブラザー)・ソー。一体宇宙に旅立つメンツはどうなるんでしょうか。

また、今作では、前作「〜リミックス」ラストでチラ見えしていたアダム・ウォーロックが、どうやら本格的に登場しそうであること、また旧ガーディアンオブギャラクシーが結成されたことも、本筋に影響しそうです。

ここでは、

  • あらすじとキャストはどうなる?
  • 追加登場するキャラクターたち
  • これまでのエピソードを振り返る

と、現時点でわかっている情報をまとめ、ご紹介していきます。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」公開日は?

製作開始予定は2020年。今作の公開予定は、2022年なのでは?と言われています。

あらすじ

前作ではピーター・クイルの出自が明らかになりました。彼には、セレスティアル人の血が流れていることが分かり、今作前後に「エターナルズ」も公開されることから、エターナルズを作り出したセレスティアルズ人の名前はあちこちで登場することになりそうですね。

また、ラストでラヴェジャーズのスタカーが、ヨンドゥの死後チームを再結成しており、新たなリーダーを迎えて、ラヴェジャーズがどう動くのかも注目されます。リーダーはヨンドゥのヤカの矢を引き継いだことから見て、まだ使い手としては未熟っぽいのはさておき、クラグリンと見てよいでしょう。

GotGでは、メンバーそれぞれの過去が、作品の中で明らかになっています。しかし、その中ではまだ、GotGのメイン中のメインとも言えるロケット・ラクーンについては、まだ謎が多いようにも見えています。また、ジェームズ・ガン監督は今作に向けた話題の中で「ロケットは私自身だ」とシンパシーを強くしていたこともあり、GotGシリーズの区切りと言われる今作で、ロケットに関するストーリーも色濃く描かれるのでは?と思われます。

アダム・ウォーロックが登場する?

今作では、満を時してアダム・ウォーロックが登場するのでは?と言われています。というのも、前作ラストのポストクレジットで、ソブリンの金ピカ女王アイーシャがコクーンのようなものを前に「アダム」と憎々しげに呟いていたから、というのがまずあります。

また、アダムは、原作で6つのインフィニティストーンを管理するインフィニティ・ウォッチという6人組の組織を作り、ソウルストーンを手にしサノスを出し抜いた実績も持つツワモノです。となれば、インフィニティ・ウォーでサノスがインフィニティストーンを本格的に回収し始めたあたりで「出てくるよね」とファンの期待が集まっていただけに、出てこないままエンドゲームも終わってしまったのも驚きでした。

ソウルストーンは現在、レッドスカルが番人となっているようですが、もともとの所有者はアダムと思われており、ソウルストーンによって命を落としたガモーラを探す旅に出たのでは?と思われるGotGが、旅の中でアダム・ウォーロックと出会うのは、もはや必然なのでは?との見方ができそうです。

MCUとしての注目ポイントは?

MCU作品は、フェーズ3が「ファー・フロム・ホーム」で終わりました。そして、新たなMCUワールドが展開されるフェーズ4序盤にあたる今作は、GotGシリーズとしての内容はもちろんですが、フェーズ3で未解決な伏線回収という重要な役割も担っていることは、間違いないでしょう。

まず、ロケットと気の合うソーが、今作ではどんな風にストーリーに関わってくるのか?は気になります。新アスガルドをヴァルキリーに託し、新たな旅に出ようとするソーの行方は、マイティ・ソー作品の続編がまだ噂レベルでしかなく見えていることから、ファンとしては今作である程度その姿を見たいところです。

また、エンドゲームでは、ガモーラを失った悲しみにくれるピーター・クイルが、過去からやってきたガモーラと「再会」したにも関わらず、そのガモーラはその後どうなったのか?が描かれていないことが謎のママです。そしてピーターたちが探しに行こうとしている様子が、そこにどう関わっているのか?ガモーラの命を奪ったソウルストーンとの関わりが見えてくれば、インフィニティストーンへの掘り下げもよりできるのではないでしょうか。

登場人物

主要5キャラは登場が確定、と言われていますが、おそらくマンティス含めた6キャラじゃないかなと。まずは、ご紹介しましょう。

ロードスター/ピーター・クイル

地球人と宇宙種族セレスティアルズのハーフ。トレジャー・ハンター「スター・ロード」として宇宙を股に掛け、1作目でラクーンら強い絆を持つ仲間と出会い、平和を愛する「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の船長を自称しています。2作目で自らの出自が明らかとなり、父エゴに心を開いてくピーターをよそに、エゴを疑うメンバーたちとの間に距離が開いてしまいます。最後は、育ての父ヨンドゥに助けられ、自らの道を選びエゴと決別しました。

サノスを義理の父に持つ恋人ガモーラは、インフィニティ・ウォーで命を落としており、その後もインフィニティストーンを使っても復活することのない状況です。悲しみにくれるピーターは、エンドゲームラストで、宇宙船の探査システムにガモーラの名を入力していました。最愛の存在を今作で手にすることができるのか?は見守りたいところですよね。

ロケット・ラクーン

賞金稼ぎとして武器を駆使する、しゃべるアライグマ。元は人間で、違法な遺伝子改造によってアライグマに。グルートの言葉を唯一理解でき、常に行動を共にしています。頭の回転が抜群なので、機械も詳しい頼れる存在ですが、口もかなり悪い。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーとして行動を重ねていくうちにチーム愛も芽生えていきました。特に前作ではヨンドゥと心を通わせていたのは印象的。

インフィニティ・ウォーではソーとどうやら気が合うようで、ともにニダベリアに向かいました。エンドゲームではトニー・スタークに「お前が天才なのは、地球だけのことだかんな!」と言い放ってました。ラストでは彼にとっての家族、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーとともに宇宙へ。彼の家族とのストーリーは、今作でどうなるのか期待です。

グルート

ロケットの相棒で、樹木型のヒューマノイド。「私はグルートだ」としか発言できず、その一言にすべての意思を込めます。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでは、1作目でインフィニティストーン(オーブ)を巡る戦いの中で一度霧散してしまいますが、残った木から芽生えて、ベビー・グルートとして、復活しました。

インフィニティ・ウォーでは生育中の「ティーン・グルート」で中二病の真っ最中。周りの様子に目もくれず、ゲームに勤しみますが、ロケットとソーとともに向かった惑星ニダベリアでは、自身の腕をストームブレイカーの柄として提供しムジョルニアに代わる武器の完成に貢献しました。今作でもまた少し大人になるのかな?

ドラックス

本名はドラックス・ザ・デストロイヤー。1作目では家族を殺したロナンに復讐するため、ピーター・クイルと手を組みます。ロナン撃退後、その背後にはサノスがいることに気づき、ピーターたちと行動を共にし、サノスへの復讐するタイミングを待っています。原作「インフィニティ・ガントレッド」にも出ており、実はサノスを一度殺すことに成功した存在です。

インフィニティ・ウォーや、エンドゲームでも常にサノスの姿を見つければ、そのムッキムキの体で攻撃を仕掛けてくる、脳みそも筋肉かな?的存在ですが、彼のボケがいつも宇宙船ベネター内の空気を、ビミョーに和ませてくれる、一応癒しの存在とも言えますね。

ネビュラ

義父サノスにより殺し屋として育成・サイボーグ化された、ガモーラの義妹です。幼少期の恨みから義姉ガモーラやサノスへの復讐を誓っていましたが、前作ではガモーラとぶつかり合う中で互いに本心を打ち明け、姉妹として和解しました。エゴの打倒後は、ヨンドゥの葬儀に立ち会わず、サノス打倒のためにひとり旅立ちました。

エンドゲームではアベンジャーズに参加したものの、脳回路の混乱でサノスのインフィニティ・ストーン回収に加担してしまいました。ですが、ガモーラと心を通わせ、サノスの再指パッチン阻止に動きました。

マンティス

前作で、クイルの父を名乗るエゴの世話係で初登場しました。感情を読んだり、植物や宇宙の存在と交信する力を持ちます。ドラックスを眠らせるのも上手で、共感力は抜群です。エゴを倒した後には、ガーディアンズの仲間入りを果たす彼女ですが、実は原作では、アベンジャーズの一員であったこともあります。

以下は、期待も込めて登場かも?なラインナップです。

ソー

すっかりぽっちゃりのオッサンになっちゃったマイティ・ソーは、エンドゲームのラストでGotGのメンバーとともに、宇宙に旅立ちました。ってことは当然、出るんだよね?という期待は十分にしてもいいんじゃないでしょうか。ただ、ピーターとの相性はイマイチっぽいので、途中”下車”の可能性もなくはない。

ソーの口から「アスガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだな!」っていうセリフもありました。ちなみに原作でもそのタイトルが存在しますが、その内容はアスガルドと関連する宇宙のヒーローチームを取り上げたもので、やや異なっています。

ガモーラ

出身のゼホベレイがサノスに虐殺された際に、養女かつ暗殺者として育てられた過去を持ちますが、前作までにGotGメンバーとの絆が深まり、ピーターと相思相愛でした。しかし、インフィニティ・ウォーでサノスがソウルストーンを手に入れるための犠牲となり、死亡しています。ソウルストーンの生贄になると復活する手立ては今のところゼロらしいのですが、エンドゲームのラストで、ピーターがガモーラを探そうとしている様子が見えていました。できれば再会シーンがあるといいんだけど。

アダム・ウォーロック

原作での登場は1967年「ファンタスティック・フォー」のアダム・ウォーロックは、悪の科学集団エンクレイヴが生み出した人造人間です。ですが、正義に目覚め、ヒーローとなるという設定で、サノスに対抗するチームを率いた存在でした。アイーシャみたいに、金色です。また、正義に目覚める前には、ソーの幼馴染シフを誘拐してしまったことで、ソーに殺されかけるという経験も持っています。

時空移動をする際には、蛹=コクーンのような形で移動するので、前作のアイーシャが生み出したコクーンが、それにあたるようです。このコクーンがあると、アダムが動き出す前触れとなっているので、今作にはその期待をしても良いのではないでしょうか。

これまでのエピソードは?

GotGが登場した過去作品を、振り返ってみましょう。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2014年公開で、MCU10作品目。問題だらけのお尋ね者たちが、力を合わせて「良いことも悪いことも一緒にやろう」というポリシーを掲げたヒーローチーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」となるまでが描かれています。

宇宙海賊ラベジャーズに育てられたクイルが、ラヴェジャーズを出し抜き、お宝オーブを盗むところから始まり、サノスと手を組んだクリー人のロナンが、それを追いかけることになります。ロナン側から登場するのがガモーラとネビュラ。賞金稼ぎのロケットとグルートも争奪戦に加わり、刑務所ではドラッグスも加わり脱獄します。

オーブは結局、危険な存在だということになり、最終的にザンダー星のノヴァ軍の元に届けられることになります。そこでロナンたちと一悶着します。その戦いの際に助けあったことにより、GotGが結成されたのでした。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

2017年公開で、MCU15作品目。前作で結成されたGotGが、依頼主のアイーシャの言う通りにお仕事していればいいのに、やっぱりお約束、ついついロケットがバッテリーを盗んじゃって…半ば自業自得?にトラブルに巻き込まれます。

その中で、ピーター・クイルが父エゴに遭遇し、突如親子愛ストーリーに。しかしそのエゴは、ピーターとの絆を深めようとしていたのではなく、自身の能力を拡張するためだけに接触してきたという残念な事情が明らかとなります。

ここでは、ラヴェジャーズのリーダーであり、ピーターの育ての親ヨンドゥが、命を投げ出しピーターを救いました。そしてスタカーが、分裂したラヴェジャーズの再結成に動き出します。ネビュラはサノスを倒すために旅立ちました。GotG捕獲に失敗したアイーシャは、アダムのコクーンとともにいる場面が映し出され、間も無く、その誕生を予感させていました。

インフィニティ・ウォー/エンドゲーム

アスガルドが滅んだことで、民とともに避難中だったソーがサノス軍に襲われ、宇宙を漂っていたところを、GotGが救出しました。そして、ソーからサノスの計画を知り、リアリティストーンを奪いにノーウェアに行きましたが、あえなくサノスの前になすすべなく、ガモーラが連れ去られてしまいます。ガモーラはソウルストーンの生贄になります。

ロケットとグルートは、ソーとニダベリアに向かい、ソーの新たな武器ストームブレイカーの完成とともに、サノスが襲来したワカンダに向かいます。しかし残念ながら指パッチンは行われてしまい、生き残ったのはロケットとネビュラ。アベンジャーズのタイムリープに参加し、最後は過去からきたサノス軍を蹴散らすことに成功しました。

過去から来たサノス軍の中には、死んだはずのガモーラがおり、恋仲だったピーターはガモーラを探そうと決意をする模様。それぞれの道を歩き始めるヒーローたちの中で、GotGはソーも乗せて宇宙に旅立ちました。

まとめ

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」は、フェーズ3までにそのユニークなキャラたちのその後が描かれることが期待されます。

  • エンドゲーム=サノス軍を蹴散らした後に、GotGは宇宙へ。失ったガモーラを探しに向かうのは、ソウルストーンのあったヴォーミア?
  • ソウルストーンとも関わりがあるアダム・ウォーロックがついに登場?前作のコクーンから誕生するかも
  • ソーのその後も一緒に楽しめる?アスガーディアンズ・オブ・ギャラクシーになるか?

フェーズ4は、まだ先が見えない部分も多いだけに、フェーズ3までに登場していたメンバーが見られる作品のGotGは、特に楽しみだったりもします。次々と判明する情報を肉付けしながら、公開を待ちたいところです。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画がすべて見放題【Disney DELUXE】

【MCUシリーズが見放題】これまでは課金が必要でしたが、公式の動画配信サービスの登場したことで見放題でみることができます。一部みれない作品もあるので詳しくは公式ページをご覧ください。今なら31日間無料トライアル付き。支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。

最新作をいち早く観るなら【U-NEXT】

最新作をいち早く見たい方はこちらがオススメ。11月20日から『スパイダーマン:ファーフロムホーム』を最速でお届けします。有料作品に使える600円分のポイントが登録直後から利用できます。ディズニーデラックスでみれない作品もすべて揃っています。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • アベンジャーズエンドゲーム
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • インフィニティウォー
  • キャプテンマーベル

シリーズをお得に観たいなら【TSUTAYA】

会員登録してすぐに使えるポイントが最も多くて、月額933円で、1000円分のポイントがもらえます。最新作のレンタルも業界最速で配信しています。【ファーフロムホーム】いち早く先行配信を開始しており、他ではみれない特典映像付き。UNEXTよりも早い11月6日から配信スタート(セル盤です)

-ガーディアン・オブ・ギャラクシー
-

Copyright© マーベルガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.