MCU アベンジャーズの観る順番・時系列を徹底解説!

マーベルガイド

【スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム】あらすじ・ネタバレ徹底解説!2019年夏公開予定

更新日:

MCUのスパイダーマン最新作「ファー・フロム・ホーム」が2019年夏に公開予定です。MCU作品としては23作目にあたります。ファー・フロム・ホームとは直訳すると家から遠いところ、つまりホームタウンであるニューヨークを離れ、ヨーロッパを舞台にスパイダーマンが活躍する話になります。前作の「ホーム・カミング」とも対照的なタイトルになっています。また、ホームには複数の意味が込められているようで、古巣(旧アベンジャーズ)から離れて新たな旅立ち(新アベンジャーズ?)という意味にも取れるのではないでしょうか。

時系列としては4月公開の「エンドゲーム」での戦いの数分後からスタートするため、サノスとの宇宙の運命をかけた戦いが終わった後が描かれます。「インフィニティ・ウォー」で一度退場したスパイダーマンですが、復活するのがわかってしまいましたね。

スパイダーマンといえば、サム・ライミ監督版やアメイジングシリーズに続く3回目の映像化です。今作では今までに映像化されていないミステリオやエレメンタルズなどの有名ヴィランも登場します。

ここでは

  • 「ファー・フロム・ホーム」最新情報!あらすじをいち早く解説
  • 新しく登場するのはシリーズお馴染みのあの人!!登場人物を徹底紹介
  • 複数ヴィランが登場!本作のメインヴィランはミステリオか?ヴァルチャーやスコーピオンは?

など、現時点でわかっている情報を知りたいと思っているかた向けに「ファー・フロム・ホーム」を最大限に楽しむための事前情報をしっかりまとめていきます。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」あらすじをいち早く解説

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は2019年夏公開予定です。謎に包まれた「エンドゲーム」の直後のストーリーということもあり、予告編は公開24時間で1億3000万回も再生されるほど、注目を集めています。予告編からわかったことを中心に、現時点で判明しているファー・フロム・ホームのあらすじについて紹介します。プロデューサーの発言から、物語は「エンドゲーム」の直後から始まるとされています。

舞台は「ロンドン・ヴェネチア」へ

夏休みを迎えたパーカーは、ネッドやミシェルらお馴染みのメンバーと一緒に2週間のヨーロッパ旅行に訪れます。スパイダースーツは置いていく予定でしたが、メイおばさんの計らいでトランクの中に忍ばされていました。

訪れた先ではニック・フューリーやマリア・ヒルが現れます。パーカーの反応を見るとこれが初対面の様子。フューリーは、着替えろ出番だと伝えてスパイダーマンを連れ出します。今作ではスパイダーマンの新スーツもお披露目します。黒い「ステルス・スーツ」は、原作では不可視モードを搭載したスーツで、敵の音波攻撃を無効化することもできます。果たして映画では誰が作ったスーツになるのか…フューリーから与えられるのでしょうか。

ミステリオは味方or敵?

本作では複数ヴィランが登場します。予告で「アイアンマンとソーを足したような」と表現されたのが、ミステリオ。予告編では水のエレメンタルズと戦う際、スパイダーマンを助けるようなシーンがあります。原作ではヴィランですが、実は2018年12月のコミコンでの発表によると、本作ではミステリオは「いいやつ」として描かれるということです。

ミステリオは、原作のスパイダーマンシリーズに幾度となく登場する謎に満ちた人気ヴィランです。中の人物も複数の犯罪者によって受け継がれていました。数々の特殊効果とトリックを利用する変装のプロで、ヒーローを倒すことで有名になろうとしたヴィランでしたが、スパイダーマンに阻止されたことで犯罪者の道を歩むことになります。映画でも踏襲されるとしたら、いずれスパイダーマンを裏切る可能性もありますね。

また本作では前作に登場したヴァルチャーやスコーピオンも登場予定。彼らは「ホーム・カミング」最後のシーンで手を組むようなそぶりをみせており、原作におけるヴィラン組織「シニスター・シックス」の登場も予想されています。原作ではこの組織にミステリオも所属していたため、ますます裏切りの可能性を予感させられます。

エレメンタルズとは

ヨーロッパの街で暴れていたヴィランは、初登場のエレメンタルズ。フューリーがパーカーに助けを求めた理由はこのヴィランを追ってきたことにあります。実は原作ではかなりマイナーなキャラクターで、1974年「Supernatural Thrillers #8」や「ミズ・マーベル」に登場し、紀元前3,500年以前に地球に神として現れた自然にまつわるクリーチャーたちの総称とされています。原作では以下の4人がエレメンタルズを構成しています。

ヘルファイヤー エレメンタルズのリーダーで、炎を操る能力を持ちます。マントを羽織り、胸元にはドクロのアクセサリーをつけた黒髪の男性です。
ハイドロン 水を操る能力を持ちます。金髪の男性ですが、巨大な水の人型に変形して戦うことも。自らが水になれる他、強力な波や豪雨を引き起こすことも可能です。
マグナム 鉱物や岩石などの物質を操作して、地形を操る能力を持ちます。黒髪の男性。地面から人型の操り人形を作ったり、壁を作ったりして戦います。
ゼフィア 風を操る能力を持ちます。メンバーの中で唯一女性。空を飛んだり嵐を起こしたりして戦えるほか、不老不死の人物でもあり、風の魔女や閃光と風の愛人といった異名も持ちます。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」登場人物

ここでは「ファー・フロム・ホーム」のメイン登場人物や新登場人物を中心に紹介します。

スパイダーマン/ピーター・パーカー

特殊なクモに噛まれたことで、特殊能力を得たヒーロー。前作ではヒーローとして認められるために奮闘しながらも、最終的には親愛なる隣人にとどまる決意をしたパーカーでしたが、「インフィニティ・ウォー」に巻き込まれてサノスの力で消滅していました。「アベンジャーズ4/エンドゲーム」で復活するようで、今作では舞台をヨーロッパに移し、強化されたスパイダーマンとして活躍します。演じるのはトム・ホランド。

ミシェル・MJ・ジョーンズ

パーカーのクラスメイトで、博識で勉強熱心な生徒。一匹狼な性格を持っていますが、前作では学力コンテストを通してチームメイトに心を開きました。原作ではMJといえばパーカーの恋人キャラの鉄板ですが、今作ではパーカーとの恋仲にも注目したいところ。演じるのはゼンデイヤ。

ニック・フューリー

元S.H.I.E.L.D.長官にして、アベンジャーズ生みの親。インフィニティ・ウォー+エンドゲームを通して、おそらく瓦解したアベンジャーズの再編を考えていると思われます。今作では追ってきたヴィラン・エレメンタルズを倒すべく、パーカーに協力を求めます。演じるのはサミュエル・L・ジャクソン。

マリア・ヒル

元S.H.I.E.L.D.の一員で、フューリーの片腕的存在の女性。インフィニティ・ウォーではサノスによって塵と化しましたが、復活したようです。演じるのはコビー・スマルダーズ。

クエンティン・ベック/ミステリオ

原作では謎にまみれたヴィランであるミステリオ。原作同様、金魚鉢のようなヘルメットにマント、煙を駆使した特殊効果を用いた戦いをするようです。予告ではなんとスパイダーマンと共闘しているようですが、果たして本当に味方で終わるのかに注目です。演じるのはジェイク・ギレンホール。

エレメンタルズ

火・水・地・風を操る4人のヴィランの総称。ヨーロッパで暴れまわるエレメンタルズを倒すべく、パーカーはフューリーの元で立ち上がるようですが、果たして彼らが本作のメインヴィランかはまだ不明です。

ネッド・リーズ

パーカーのクラスメイトで親友。プログラミング能力に優れ、前作ではヴァルチャーを倒すために飛行機のシステムをいじるなど、スパイダーマンをフォローしました。スパイダーマンの正体を知る人物でもあります。演じるのはジェイコブ・バタロン。

ベティ・ブラント

パーカーの学校内のTVチャンネルレポーターを務める女子生徒。原作ではパーカーのみならず、ネッドやフラッシュとも付き合う恋多きキャラだったりします。演じるのはアンガーリー・ライス。

ユージーン・フラッシュ・トンプソン

パーカーのクラスメイトで、金持ちのボンボン。パーカーを何かと目の敵にして悪口を言ったりするいじめっ子気質を持ちます。本作ではスパイダーマンを褒めている大ファンっぷりを見せていました。原作ではのちにヴェノムになる重要キャラクターだったりします。演じるのはトニー・レヴォロリ。

J・ジョナ・ジェイムソン

本作でついに登場が噂されるのが、スパイダーマンシリーズでは欠かすことのできないJ・ジョナ・ジェイムソン。過去の2シリーズには登場していましたが、ホームカミングでは登場しませんでした。デイリー・ビューグル紙の編集長で、スパイダーマンを目の敵にする人物ですが、果たして本シリーズでの役回りはどうなるのか注目です。演じるのは未定ですが、J・B・スムーヴではと噂されています。

その他人物

画像 役名 俳優名
メイ・パーカー マリサ・トメイ
ハッピー・ホーガン ジョン・ファヴロー
  デルマー ヘムキー・マデイラ
ヴァルチャー マイケル・キートン
スコーピオン マイケル・マンド
  ロジャー・ハリントン マーティン・スター
  役名不明 レミー・ヒル

 

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」小ネタ

ここでは「ファー・フロム・ホーム」をより一層楽しむために押さえておきたい小ネタを紹介します。

MCU作品としての時系列は

何事もなかったかのように夏休みの始まるパーカーですが、時系列的にはいつなのでしょうか。プロデューサーのケビンによると、なんと「アベンジャーズ4/エンドゲーム」の直後のエピソードだとされています。サノスによって宇宙の生命が半分にされた後、果たして何があったのか…とにかくインフィニティ・ウォーで消されたはずの、パーカーやフューリー、マリア・ヒルは戻ってきたようですね。

J・ジョナ・ジェイムソンといえば

歴代のスパイダーマンシリーズではおなじみのJ・ジョナ・ジェイムソンが、ついにMCUシリーズにも登場するようです。ジェイムソンといえば、新聞社「デイリー・ビューグル」の編集長。かなり頑固で偏屈な性格の持ち主で、かつスパイダーマンを毛嫌いしているキャラクターです。編集長の権限を利用し、スパイダーマンについて有る事無い事構わず、批判記事を出しているほどでした。MCUシリーズでの演者はまだ未定ですが、J・B・スムーヴが演じると噂されています。

旅行カバンのネームプレートに注目「BFP」とは

パーカーがヨーロッパに持って行く旅行カバンには「BFP」の刻印があります。これはスパイダーマンシリーズ好きにはたまらないイースターエッグ。BFPはベン・パーカーのイニシャルだとされています。ベンおじさんといえば、パーカーがスパイダーマンになるきっかけとなった人物。MCUシリーズでは直接的な登場はしていませんが、スパイダーマンに欠かせない重要人物です。

まとめ

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は「エンドゲーム」直後のストーリーであり、スパイダーマンの続編としてもアベンジャーズシリーズの続編としても、その動きが注目されています。公開前に重要ポイントをしっかり押さえておきましょう。

  • 描かれるのは「エンドゲーム」の直後。スパイダーマンやフューリー、マリア・ヒルは復活したようですが、他のヒーローたちの行方は不明です。世界がどうなってしまったのかにも注目したいところ。フューリーの様子から予想するに、新たなアベンジャーズを構想しているようにも見えます。
  • 登場する数多くのヴィランにも注目。予告で一見メインに見えるエレメンタルズはフェイクか?味方として登場するミステリオの裏切りは?そのほか、ヴァルチャーやスコーピオンなどシニスター・シックスの動向はどうなるのか注目です。
  • 恋物語の進展にも注目。パーカーとMJの距離は縮まるのか?メイおばさんとハッピーの間柄にも注目です。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の日本公開は2019年夏の予定です。

マーベル映画を予習・復習するなら

マーベル映画が見放題で観れる【Hulu】

 『キャプテン・マーベル』公開を記念して、『アベンジャーズ』ほか、マーベル映画を配信しています。Huluの強みはやはり、すべての作品が見放題で観れることでしょう。今なら2週間無料トライアル期間特典あり!支払いは無料トライアルの後なので無料期間中は一切費用は掛かりません。本編ではアベンジャーズの結成の秘密が明らかに。

配信一覧

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビルウォー/キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

最新作をいち早く観るならU-NEXT

マーベル映画をいち早く観たい方にオススメ。Huluでもまだ配信されていない『インフィニティウォー』、『アントマン&ワスプ』が観れるのは”UNEXT”。最新映画は有料作品となりますが、初回会員登録限定で600円分の有料ポイントがすぐ使えます。さらに現在はHuluでの配信が終了したため、UNEXTがオススメ。

-スパイダーマン

Copyright© マーベルガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.